なんやかんやでピアノトリオ ♪

さて、今日は天気予報では「雨」でしたけどぉ・・・
結局場所によってはパラつくこともありましたが、ほとんど「晴れ」^^;
ムシムシと相まって、とてもあつぅ~い一日でしたよっ、、

で、いつものCDネットショップチェックで目に付いたものです。
最近調子の良い?女性のピアノ、そしてトリオですよん♪

a0112282_23182974.jpg

「Katsuko Tanaka Trio (カツコ タナカ トリオ)
                   Beyond Intersection」

2010年発売
直輸入盤・帯ライナー付国内仕様

1 Dawn
2 Shell
3 Wheatland
4 A Midnight Talk
5 Stretching
6 Beyond Intersection
7 After the Morning
8 It Could Happen to You


Katsuko Tanaka (piano)
Danton Boller (bass)
Willie Jones Ⅲ (drums)
Antonio Hart (alto sax Track 5)


「熱く、前向きな気持ちでジャズの最前線NYで活躍するピアニスト、たなかかつこさんの1stリーダー作。メンバーはL.A.時代からの友人Danton Boller(b)、Willie Jones Ⅲ(ds)、そしてゲストで1曲Antonio Hart(as)が参加という、素晴らしく豪華な面々である。実はトリオとしては録音前のリサイタル1回と本作の録音、Antonioを加えたカルテットは、初の組み合わせ。しかもリハ+2テイクのみという短時間での録音ながら、Danton、Willieとは何とたなかさんが「ほぼ英語が話せなかった頃からの長い付き合い」というまさしく盟友、Antonioは2008年から在籍したクイーンズ大学院での恩師と、同じコンセプトを共有できており、遠慮のない4人ならではな、レギュラー・グループのような演奏を聴かせてくれます。」


とのこと。

最近、その「輸入盤、国内盤仕様」っていうのを数枚買ってました。
で、値段が一枚2千円で安いのでつい買ってしまってるんですけど・・・
やっと気づいたんですが、コレらって 「Diskunion Jazz」 っていうレーベル?なんですねぇ☆
いいぞ、「Diskunion Jazz 」っ!
もっともっと2千円で販売してぇ~*^^*

ってことですが、まずこの方 「たなかかつこ」さん ですね、漢字がありません(笑)
検索中にも出てきませんでした^^;
で、ジャケットで拝見するにはベテラン?な感じがしないでもない・・・単にすごい若くは見えないだけですけど・・・
あ、、、すみませんっ、、、反省反省・・・m(_ _)m

でもこの人も元気に弾きまくってますねぇ~♪
ベースとドラムともとてもうまくハジケまくってる感じがしますよ*^^*
1曲だけサックスが入った曲もありますが、そちらもカッコエエですねぇ~
コレも当たりかも☆
最近女性のピアノトリオが当たりを連発してますっ
とてもうれしいことですよっ☆
とにかくボクには演奏の細かいところはわかりませんので、とにかく雰囲気っ
先日の水口恵美子さんとかと、同じような雰囲気かも、、
とにかく弾く♪
そしてベースが弾ける♪
そしてドラムがバシバシってる♪
最近やっと気づいたんですけど、メンバーって重要なんですねっ
そしてボクにはドラムがかなりいちびってるのがいいようです(笑)
気持ちよさの中心はドラムかもしれません*^^*

ここでひとつ・・・

「がんばれ日本のお嬢さんっ><!」

あ・・・でも外国で活動されてる方が多いんですよねぇ・・・
日本じゃアカンのでしょうか?
というよりも、外国がエエんでしょうか・・・f ^^;




で、動画は2つしか見つかりませんでした。
もっとがんばれ、かつこちゃんっ・・・あ、、かつこさんっ^^ /
















[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-07-06 23:28 | みわくのじゃずぴあの*^^* | Comments(2)

Commented by 元新潟のU at 2010-07-07 06:28 x
輸入盤だから安いんですかね。

海外で活躍との由、頑張ってほしいものです。
Commented by たもたも at 2010-07-07 18:03 x
元新潟のU さん、こんちはぁ~♪

そうなんでしょうねぇ、輸入盤なのでその値段なんでしょうねぇ☆

あ、、そう考えると別に安いわけでもないかっ、、(汗、、、

そうですね、海外とはいえ日本人ががんばってくれてるのはうれしいですね♪
これからも応援ですっ*^^*