VW 旧ビートル Baja

フォルクスワーゲン ビートル

バハバグ と呼ばれているクルマです。

a0112282_23184626.jpg


年式 1972年式 私とは一つ年下の弟になります。

まだ10年ほどの付き合いですが、色々な思い出もあり、色々な経験をさせてくれました。

空冷ということで、おそらくほとんどの方が大型のオイルクーラーやファン付きのオイルクーラー等で、オーバーヒートの対策を立てていると思いますが、このBajaはエンジンがむき出しで、冬場は冷えすぎて止まってしまいます。。。

また、冬場ですと結構エンジンを回して走ったあとでも素手で普通にエンジンをさわれます。
それに、ヒーターから冷蔵庫のように冷え切った風しか出てこないので、防寒着、手袋、帽子、それに毛布を下半身に掛けて運転してました。

入手時は1600ccでしたので、その対策として1835ccのエンジンを製作してもらいました。
購入、製作共に大阪にあるワーゲンにのっている方には超有名なショップにての作業ですので、安心して任せられました。
おかげさまで今までで、これといったトラブルはなく良く聞く「旧車はトラブルが・・・」なんて言葉は皆無です!

排気量が大きくなったことで、冬場の夜中でもエンジンが安定し、ヒーターも温い風が出るようになりました!

クーラーが無くても夏場は苦にならないんですけど、冬場のヒーターが無いのは我慢できませんもんね!!

あとは、5速ミッションやらとこまごまとした改造?改良?を重ねて今現在、かなり心地よいクルマになったと思ってます。
ただの自己満足ですけど。。。

a0112282_23192890.jpg


1835ccでも、いまどきの軽四に軽くブッチギラレます!!!
それでも頭の中でF1のあの音楽を鳴らしながら、今日も信号ダッシュでぶっちぎられてます・・・

ま、クルマもバイクもオーディオも音楽も、愛着があるのが一番!ということで、、、
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2009-01-27 23:20 | VW Baja | Comments(0)