ゴシゴシしましたっ☆

今日はいいお天気でしたっ☆

まだ寒さは残ってましたが、寒波も離れていきこれから暖かくなるようですねっ♪

で、今日はやはり・・・
MICRO DD-8 を磨いてみましたっ

まずはキャビネットですが、、、
出来れば全て外して、ペーパー→オイルステンと行きたいところですが、キズもなく少し褪せてるくらいなので軽くツヤを出させる程度にしておきました。
あ、メンドくさかったんやないですよっ!!^^;
いや・・・メンドくさかったんです。。(笑)

それで誤魔化し程度に軽くツヤ出ししたくらいで終わりですぅ・・

ゴムのマットはとりあえず洗剤で洗いました。
ターンテーブルはザラザラ模様?でクスミも無いようなので、今回は濡れ雑巾で拭くくらいです。
スイッチ周りは手垢?かな、黒ずんでいるのでアルコールでゴシゴシと・・
ダストカバーはいつものようにクルマ用の「バイザークリア」という、バイザーのクスミ取りで磨きましたっ☆
ただダストカバーは深いキズもあり、あまり気持ちよくはなりませんでした。。
黄色っぽくなってるのは元々かな?
スカッ!!とはなりませんでした・・^^;
背面の端子は前回のラックスアンプで学んだように、細くした布でゴシゴシ・・・

で、、最後はアームですっ!

気合を入れて挑みましたが・・・案外スンナリと終わりました。。(笑)

ただ付け根付近は細かく入り乱れて?るので、綿棒を駆使してどうにか納得できるまでになりました^^

a0112282_18304093.jpg

a0112282_18305910.jpg

a0112282_18311780.jpg


まずまずの出来上がりです。。^^;

で、早速セットしてみましたっ

a0112282_18323681.jpg


そしてケーブルですが、手持ちにはアース線が付いたケーブルなんてありませんでしたので、余っていたカナレのケーブルと、とりあえず作ってみたアース線で接続完了です♪

a0112282_18345522.jpg


そしてカートリッジには DENON DL-207 をセットしました。

a0112282_18364547.jpg


そして調整です。

まずはウエイトを動かしてゼロバランスをとり、アームの高さを調整しました。
そして・・・

a0112282_1838209.jpg


針圧は手前の数字が書いてあるダイアルを回して希望の数字に合わせると、その数字の針圧がかかってるとのことです。
そのダイアルには糸が付いており、糸がアームに開いた穴の中に入っていっております。
この中でバネに繋がっているとのことでした。

a0112282_18405251.jpg


これが ダイナミックバランス型 の特徴とのことですが、、、
ワタクシにはなんのこっちゃら・・・サッパリですわ。。^^;

で、もしこの糸が切れたらどうなるのぉ??(笑)

ま、そんなこんなで?
あとは インサイドフォースキャンセラーとやらを合わせて終了です。
糸の中間にある丸いところです。
赤線が楕円針、青線が丸針、2本並んだ棒の線を針に合わせて色を合わせるだけです。

まぁ、慣れた方にはカンタンなことでしょうけどね、、
ココまで説明書を読みながら一つづつこなしてくると、アタマが疲れますねっ^^;

とりあえずはココまでで休憩ですぅ~。。
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-07 18:49 | オーディオ | Comments(8)

Commented by M_2000 at 2010-02-09 22:39 x
たもたもさん、こんばんわっ!
この年代のプレーヤー、ほんまに貴重品やと思います。それに、なかなか綺麗ですねっ!
このようなS字アームは、現代の技術ではどうやら簡単に造れないんだそうです!良い品をゲットされましたね!!
Commented by ta-mo-ta-mo at 2010-02-09 23:20
M-2000さん、こんばんはっ☆

おおきにでございますぅ~♪

で、こんなS字のアームってムズカシイんですか??
昔の人はコンピュータではなくアタマで考えるので、こういったモノができたんでしょうかねぇ~^^
Commented by M_2000 at 2010-02-09 23:39 x
たもさん、少しですが情報手に入りました↓(ご参考までに)
「付属のトーンアームは単売されていたMA-505相当だったと思う。ダイナミックバランスにしては細かいディティールを良く拾い上げる優れものだった。バネの共振による付帯音は必要以上に力感を強調するような音質上の癖を生みやすいが本機はその辺が余り感じられない素直な音がした。プレイバック最中、針圧を任意に可変出来るという独自の機構も有り難かった。 当時3万円程度で販売されていたオーディオテクニカのトーンアームAT-1503は現在15万円だかの価格なのでもしもMA-505を復刻すれば20万円近い価格になってしまうのではないだろうか。」
Commented by たもたも at 2010-02-10 06:18 x
M-2000さん、おはようございますぅ♪

ありがとうございますっ☆
で、テクニカのAT-1503ってのも有名なアームなんですか??
アームで20万円っすかっ!!
いやいやコワイ世界です。。^^;
Commented by M_2000 at 2010-02-10 23:50 x
カメラ気違いにレンズ沼があるように、トーンアームマニアには、アーム沼があるそうな…。
その気持ち、よくわかるんですよね~。

テクニカのAT-1503って、私、知りませんでした。
Commented by ta-mo-ta-mo at 2010-02-11 00:16
へぇ~、、アームですかぁ・・・
ま、重要な部分のようですし、コダワルのはわかるようにも思いますが・・・
一本15万とか20万とかだと・・・
沼にハマっても、早々手が出るモノではありませんね・・^^;

で、、M-2000さんでもしらないところがあったんですかっ???

で、、セプターは調子いいですか??
Commented by M_2000 at 2010-02-11 21:56 x
セプターですが、概ね鳴ってきておりますよ~。聴いていただけるレベルと思います。
Commented by ta-mo-ta-mo at 2010-02-11 22:44
M-2000さん、こんばんはぁ~

M-2000さんレベルだと、ワタクシからすると相当ハイレベルと存じますっ☆

ではでは、日程の方の相談メールをさせていただきます♪