カテゴリ:みわくのじゃずぼ~かる*^^*( 36 )

ぜっぷりんさん、ホンマおおきに^^ /

いやぁ~、、
新年早々にお届きモノ♪
コレ、オクでもずっと見てはいましたが、とてもとても手が出る値段ではなく、、、
そんな中、年末のぜっぷりんさんの記事でナンと、、、
新品がフツーに定価で売られてる!!
ホンマかいなと早速チェックしてみると・・・
まだ在庫アリ!
半信半疑だったがとにかく速攻ポチっ
届くかどうか不安だった。。
そして正月休みか?
お届け予定日は正月明けてからの9日
あまり期待はしないでおこうと思いながらも・・・
やっぱ期待はしてまう(笑)
そんな中でしたがナンとっ
ですくうにおんさん、お正月も営業??
昨日、無事に届いちゃいました*^^*




a0112282_09452271.jpg




「安田南 ~Some Feeling」

いやぁ~、コレ、フツーの値段で手に入るなんて*^^*
ホンマ、ぜっぷりんさんに感謝感謝♪
LPも入手したいとことだが、ま、ワタクシの場合はCD優先でナニより(笑)
最近はソフトの方も気力低下ぎみでしたが、、、
また火が点いてしまいそうです(笑)
ホンマコレ、今年はエエ年になりそうです^^

ということでっ
ついでなので(笑)
昨年のお届きモノをイッてみます^^ /




a0112282_09453319.jpg




「栗林すみれ ~Travelin'」

すみれちゃん、今回もアナログ発売♪
CDの方が先に出ていたが、予算のカンケイで^^;
アナログを先にポチっ

と、
続いては昨年の一番のオオモノ(笑)




a0112282_09454701.jpg




千尋たん、3連発っ

いやぁ~、ホンマコレはどないせぇっちゅうねんてな感じで5400円が3枚、、
ま、ワタクシとにかくガンバりました(笑)




a0112282_09460292.jpg




「浜崎航 ~Holiday」

ご存知航はん
ピアノには当然のごとくの茜ちん(笑)

とまぁ、ココまではまだ封も開けてませんが、、、^^;

で、最後のブツ




a0112282_09461613.jpg




「栗林すみれ ~Travelin'」

アナログ、聴く間がないので結局CDポチッた(笑)


[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2016-01-03 10:22 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(4)

お届きモノ ^^ノ

さてさて、、

今日は朝から家の前がニギヤカです・・・
そう、本日5月17日は大阪都構想の投票日っ
いつもの選挙よりもニギヤカやなぁ~
やはり市民の興味がいつもよりもあるからか??
と思ったら、入り口前で「反対」と叫んでる人たち
賛成、反対どっちでもエエけど・・・
とりあえずウルサイ

ってなことでのひっさしぶりにお届きモノ^^ /




a0112282_18452112.jpg




ま、発送者さまのご希望で代引きだったので、ウチ方面は怠慢な郵便局なのでっ
局留めにしてもらったので、郵便局まで取りに行ってきた☆
なので正確には届いたワケではなく取りに行ったモノ(笑)

ま、どっちでもエエですけど(笑)




a0112282_18452757.jpg




Novie ~In The Bottom Of My Garden

2014年11月23日発売

1. My Shining Hour
2. The Gift (Recado Bossa Nova)
3. The Nearness Of You
4. Dance Me To The End Of Love
5. Speak Low
6. Cheek To Cheek
7. Crazy He Calls Me
8. I Thought About You
9. I Didn't Know What Time It Was
10. Time After Time
11. Day By Day
12. Shall We Dance?


Novie(Vo)
大坂昌彦(ds)
泉川貴広(p)
高瀬裕(b)
鈴木大輔(ag,eg)
定村史朗(vn)


「内容紹介
わたしの庭の奥に広がる、とても大切な世界。楽しさ、悲しみ、愛おしさ―。あなたの庭にはどんな花が咲く?
Novie、待望のセカンドアルバムはアナログとデジタルのハイブリッドサウンドによる意欲作。やさしくそして強さを秘めたNovieの声があなたのココロの庭に響いていく。
ライヴハウスやイヴェントを中心に活躍する女性ジャズ・ヴォーカリスト、Novieのセカンドアルバムは、前作同様、日本屈指のジャズ・ドラマー大坂昌彦を音楽プロデューサーに迎え、様々なアレンジでスタンダード・ナンバーを演奏。また、音質にこだわり、アナログとデジタルのハイブリッド・サウンドによる意欲作に仕上がりました。
闇夜に一筋の光が差し込むような、ステキな幕開けを期待させるドラマチックなアレンジの1曲目「マイ・シャイニング・アワー」。Novieのやさしくそして強さを秘めた声がココロに響く。
ヴァイオリンを迎えての「ザ・ギフト」や「ダンス・ミー・トウ・ジ・エンド・オブ・ラブ」はどこか懐かしいけれどエッジの効いたサウンドで、異国の花の美しさを思わせる。ローズピアノを使った「デイ・バイ・デイ」、ガットギターで始まる「チーク・トウ・チーク」など、さまざまなアレンジはまるで色とりどりの美しい庭のような1枚となっています。


Amazonレビュー

ジャズ・シンガーNovie (ノヴィ)、待望の2nd アルバム
2011年にリリースされた1st アルバム『Confetto』から4年、待望の2nd アルバムが届けられた。前作に続き、ジャズ・ドラマー大坂昌彦を音楽プロデューサーに迎え、優しさの中にパワーも秘めた歌声で珠玉のスタンダード・ナンバーを歌い上げている。今作ではアナログとデジタルのハイブリッドサウンドで音質にもこだわり、その歌声の魅力が一層増している。元気やパワーをもらえるようなノヴィらしい「My Shining Hour」「Cheek To Cheek」にバンドとの相性や一体感も心地良い「The Nearness Of You」「Time After Time」「Day By Day」、定村史朗のヴァイオリンをバックに歌う「Dance Me To The End Of Love」もいい。全12曲、ノヴィの魅力全開の快作。(The Walker’s 加瀬正之)


メディア掲載レビューほか

ライヴハウスやイヴェントを中心に活躍する女性ジャズ・ヴォーカリスト、Novieのセカンド・アルバム。アナログとデジタルのハイブリッドサウンドによる意欲作。 (C)RS


アーティストについて

徳島県出身。小、中学生時代にピアノ、ブラスバンド部で管楽器を担当。学生時代ロックバンドのボーカルとして歌をはじめる。たまたま歌うことになったジャズのスタンダードナンバーから、ジャズに魅せられジャズボーカルの勉強を始める。以来、四国を中心に精力的にライブ及びコンサート活動を定期的に行い、東京・大阪等のプロミュージシャンとも幅広く共演。
共演ミュージシャンは、大坂昌彦(ds)、大隈寿男(ds)、原 大力(ds)、納谷嘉彦(p)、多田誠司(as)、俵山昌之(b)、塩田哲嗣(b)、ハクエイ・キム(p)など、多岐多数に及ぶ。
徳島B-FM 791「nobinobiのJazzDays!」でメインパーソナリティを1年間つとめる。またナレーション、インタビュアーなど、他分野でも活躍。
2004年東京代々木Naruの「第9回ボーカルオーディション」にて最優秀賞受賞。
2004年5月、「第5回神戸ボーカルクイーンコンテスト」(審査委員長:服部克久氏)で最終選考に残り、審査員の前田憲男氏より「ジャズの本質的なリズムを表現できるすばらしい歌手である」と称され好評を得る。
その後定期的に関東エリアにてライブ活動を行い、現在活動の拠点を東京に移し都内のライブハウスを中心に活躍中。
2006年NHK「迷宮美術館」に出演し、「モネの睡蓮の絵とジャズをコラボレート」という題材で歌う。2007年大塚製薬「大塚国際美術館」開館10周年記念事業に招かれた際、コンサートを行い高い評価を得る。
2011年待望の1stアルバム「Cofetto」を発売。音楽プロデュースは国内屈指のJazzドラマー大坂昌彦。このアルバムは音楽雑誌やWEB(『HMV』ジャズニュース特集ページ/『タワーレコード』フィーチャーアイテム特集ページ)で取り上げられ、HMVアルバム予約ランキングJazz部門で2位を記録。
雑誌「VOGUE」主催のグローバル・イベント 「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT」への出演や、DJとのコラボイベントなど、ライブシーン以外でも積極的に活動。飾らない人柄と歌声・ライブMCに定評があり、若い女性から中高年の男性まで幅広い層に支持されている。」


とのこと。

コチラから「サイン付き」で購入できますぅ^^ノ


Novieさん、今回もモチロンご本人からのサイン付きです^^ /




a0112282_18453377.jpg




前作の1stアルバム「Confetto」からのお気に入りです♪
ただ、今回このアルバムの発売は11月、、
発売当時に後回しにしてたらすっかり注文するタイミングぅ~を失ってしまい、、、今になってしまいました、、、
先月にホムペからのメールでやり取りしてましたが、途中でナゼか?返信が途絶え・・・
少し間が開いて「どない?」とメールしたところ、
「サーバーでメールが止まっていたらしく、メールが届いてませんでした、、」
とのこと、、、^^;
ま、その後はすぐに発送
ご希望で郵便の代引きがエエとのことなので、局留めにしていただいた^^
そしてその遅れたお詫びとして、特製ブックレットが同封されていました♪
ライブ会場限定でのオマケらしぃ・・・
とにかくラッキー☆

そして早速PCに取り込んでの再生
先の1stはどっぷりじゃずぅ~な雰囲気を感じましたが、今回は少しライトか?
軽快なリズムで明るいサウンド
音の方もサワヤカ系?
確かレコーディングにはアナログテープだったか?
とにかく音の方もバッチリに仕上がってるように感じます*^^*
ということは、やっぱ次はレコードか^^ /
一応、メールでお願いはしましたが(笑)

大王、レコードが出たらよろしくお願いします(笑)













[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2015-05-17 19:15 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(2)

山口有紀 ~Double Rainbow

さて、先日届いた有紀たんのCD、早速聴いてみました♪



a0112282_18343461.jpg


「山口有紀
    Double Rainbow」


2011/8/30発売


1.Tin Tin Por Tin Tin
2.Double Rainbow
3.You're Everything
4.Besame Mucho
5.Caminhos Cruzados
6.Modinha
7.Retrato Em Branco E Preto
8.Inutil Paisagem
9.So Danco Samba


「ピアニストフィリップ・ストレンジとの共同制作アルバム」


とのこと。

コチラで数曲、試聴ができますぅ^^ノ


まずはこのCD、ジャズではないのか??^^;
曲のタイトルからしてアッチ系か?←ドッチ系??(笑)
ま、そんなことは置いておいて。。f ^^

とても静かに歌い上げるCDって感じ^^
ピアノとボーカルだけのデュオ、雰囲気は満点☆
夜にしっとりと聴くにはエエかも。
ピアノと歌がそっ、、と寄り添うみたいな・・・??
おねぇたまジャズにハマッてるワタクシには、今までに無い感じかも?
ドドンとグワッとバシッと迫ってくる音楽ではありません、ワタクシのアップしたCDだからと言ってスルーしようとしたアナタ、要注意ですぅ~!><!
いつもにないCD、ボクも少しはこういうのが似合うオトコになったんかなぁ~と・・・
思いながらワイングラス片手に・・・
とはいきませんがっ、、
とにかくシンプルでしっくりと聴けるボーカル♪

ライブで彼女は「アマさんで売ってますぅ~」と言っていたが、、
アマさんでは出品者がオモロイ値段で出品してるのみっ><、、、
普通に買えるところはないのか??
彼女に聞いてみよう・・・どうやって??(笑)



a0112282_18573946.jpg




ホンマ、ベッピンだっ*^^*
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2012-11-19 22:07 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(6)

ちょいとCD^^ノ

ココ1週間ほどはどこも渋滞っ
盆前、連休前に荷物が動いてるのか?
それとも一足早い盆休みで行楽渋滞なのか??
とにかくナンか疲れた1週間でした。。
ま、仕事にヤル気が無いので毎日ムダに疲れてますけどっ^^ /

ってことでっ、、以前からずっとヤホーチェックはしていたこの人っ

先日ぜっぷりんさんの記事を拝見してると、写真の隅っこにこの人のCDがっ!!
ナンでも最近、再発されたのだとかっ☆

となると早速アマさんへゴーっ!
ヤホーでは高値安定?だったCDが、再発記念?1500円!
こりゃぁもう、即、ポチッ

って書いてますが、、
この人、今まだワタクシ一切、聴いたこともありません、、
ご本人を見たこともありません、、f ^^;




a0112282_18224057.jpg

「South ~安田南」


2012年07月11日発売


1 Gravy Waltz
2 Bye Bye Blackbird
3 Good Life
4 Chains of Love
5 Summer Time
6 Yes Sir That's My Baby
7 I'm Walkin
8 Good Morning Heartache


「「お行儀の悪いビリー・ホリデイ」こと安田南が、山本剛トリオをバックに放つファースト・アルバム。
評論家、瀬川昌久をして「お行儀の悪いビリー・ホリデイ」と言わしめたシンガー、安田南のファースト・アルバム。デビュー前から人気を呼んでいた彼女だが、この処女作はその人気を裏付けるがごとく、青山のライヴ・ハウスのロブロイでの実況録音。
馴染みの山本剛率いるピアノ・トリオをバックに、「サマータイム」「バイ・バイ・ブラックバード」などスタンダード曲中心のレパートリー。自由気ままなはすっぱさと、確かな歌唱技法が結実した珠玉の歌の数々。
【旧品番:OFL-3002/初発売年1974年】

★安田 南(vo)、山本剛(p)、福井五十雄(b)、小原哲次郎(dr)、大友義雄(as)
【1974年2月19日録音 青山ロブロイ】


キングレコードが誇る1950年代後半~80年代前半までの日本ジャズ史に残る名盤を発売する、キング・ヴィンテージ・ジャズ・コレクターズ・エディションの第1期。評論家、瀬川昌久をして“お行儀の悪いビリー・ホリディ”と言わしめたシンガー安田南が、山本剛トリオをバックに従えリリースしたファースト・アルバム。 (C)RS 」



とのこと。


コチラで試聴ができますぅ^^ノ
http://www.amazon.co.jp/South-%E5%AE%89%E7%94%B0%E5%8D%97/dp/B007VTJ9SM


この方を知ったのは、ヤホー徘徊時、違うアルバムのジャケでしたが、ジャケを見て
「コレはイッとかなければっ!」
と、、ナゼそう思ったのかはわかりません。。
がっ、、
それからちょこちょこ検索してチェック・・・
ただやはり、CDもアナログも新品定価よりは高く終わる。
となるとやはり人気があるのか?
ってことで「ほしぃ病」(笑)
と、、そんなところに再発!
さすがですねぇ、ただ、1枚だけでなく、他のアルバムも再発してほしいところですがっ、、><、、、


とまぁ、とにかく聴いてみたっ☆

「お行儀の悪いビリー・ホリデイ」
って謳い文句?でしたが、曲間に少し入ってるしゃべりを聞いてみてもイマイチ「お行儀の悪さ」はわかりません^^
ただ、堂々と歌ってはりますねぇ、声もカッコエエですし演奏もバッチリ
ワタクシよりも上の年代の方なら皆さんご存知なのでしょうか?
とにかく他のアルバムも聴いてみたくなるっ!
ボーカルモノ、久しぶりにエエモンめっけたっ!と感じました^^♪


と、、
ついでと言うか、、
この南ねぇさんをポチッた後、アマさんからのおせっかいメールでこの再発シリーズの案内が来るわ来るわっ(笑)
「しゃーない、ナンか無いか見てみたろかぁ~」



a0112282_18364274.jpg

「AKI ~高瀬アキ」


2012年07月11日発売



1. ハウ・ドゥー・ユー・ドゥー? (はじめまして)
2. カーニバル (謝肉祭)
3. バードランド (こもりうた)
4. クムロ・ニンブス (積乱雲)
5. シーズン・オフ (シーズン・オフ)
6. アイドル・トーキング (おしゃべり)
7. アフター・ア・イヤー (一年ののち)


「世界的な女流ピアニストの高瀬アキによる幻のファースト・アルバム。新しく独自な感性が飛翔する。
演劇音楽を演奏するかたわらでジャズに興味を持ち、本田竹曠との交流から本格的にジャズの世界へ入った女流ピアニスト、高瀬アキ。藤井貞泰、山下洋輔に師事し、向井滋春、土岐英史、大友義雄などとの共演を経て、自身のトリオで発表したファースト・アルバム。
フォークやニュー・ミュージックなど新しい時代の音楽と、アヴァンギャルドなフリー・ジャズ的要素が入り混じる不思議な世界。ヨーロッパに渡って独自の世界を築く前の貴重な記録である。
【旧品番:SKS-3006/初発売年1978年】

★高瀬アキ(p, ep,pianica,vocoder&solina)、井野信義(b,eb,cello&tube bells)、楠本卓司(dr,conga&latin per)
【1978年8月8、10、16、22日録音 テイチク杉並スタジオ(tr.1)、キングスタジオ(tr.2)、音響スタジオ(tr.3~6)】


キングレコードが誇る1950年代後半~80年代前半までの日本ジャズ史に残る名盤を発売する、キング・ヴィンテージ・ジャズ・コレクターズ・エディションの第1期。世界的な女流ピアニスト、高瀬アキが自身のトリオで発表したファースト・アルバム。フォークやニュー・ミュージックなどと、アヴァンギャルドなフリー・ジャズ的要素が入り混じった不思議な世界を表現した一枚。 (C)RS 」



とのこと。


コチラで試聴ができますぅ^^ノ
http://www.amazon.co.jp/AKI-%E9%AB%98%E7%80%AC%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA/dp/B007VTJ9D2


うぅーーーん、、ナゼにこの格好なのか??・・・(笑)

とにかくピアノトリオってことでポチッてみました☆
がっ、、
この方、ワタクシは存じておりませんでした、、
ググッてみると、かなり有名なお方??

「いまや、『アメリカの穐吉敏子、ヨーロッパの高瀬アキ』と並び称せられ、海外で活躍し国際的評価を受けている数少ないジャズミュージシャンである。」

とのこと。
敏子ちゃんと並ぶお方だったのですネッ☆

ってことなので、早速聴いてみたっ
うぅーーーん、、
ピアノやらエレクトリックピアノ、ベースもアコースティックやらエレキ、ドラム、パーカッション・・・
今で言う?創作音楽のハシリなのか??
普通のジャズぅ~って感じではないですねぇ
この方、独特の世界があるようですねぇ、イマドキ創作音楽?ってほどでもないですけど、やっぱフツーにピアノトリオって感じでもない^^
ま、こういうのもエエんかなと・・・












youtubeで見つけた高瀬のアキちゃん
コチラはクインテットで普通?な感じかも^^




あ、、そうそう、、、














南ねぇさんのアップを忘れるところだった、、f ^^;
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2012-08-10 22:04 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(12)

クリスマスカード*^^*

a0112282_224812.jpg




本日、帰宅時に郵便ポストを開けると・・・

コレが届いておりましたっ☆

Novieさんからのクリスマスカードっ!!
ただ、「Happy New Year」とも書かれてるので、「兼年賀状」ってことでしょうか(笑)

いやいや、、それにしても玄関で驚きましたヨッ*^^*

この方、皆さんご存知の通り?ジャズボーカリストのNovieさんです^^
ワタクシがこの方のホームページからCDを購入させていただいたのが今年の7月、
そしてそれ以来、ナニもありません。←当然かっ、、^^;
大阪でのライブもなかったようなので、お会いしたこともありません。
がっ、、
ナンと商売上手ぅ~
こんなことされるとオッチャン、完全に「ホ」の字ですやんっ、、(// //)


ただっ!!
これほどまでに大切なハガキに「折れ」をつけた郵便屋が許せんっ!!!!!><!!!!!
担当課長がママレモン持って謝りに来ても絶対に許さんっ!!!><!!!


とまぁ、(笑)
こうなるとやはり宣伝としてもう一度、彼女のCDを紹介しておかなくてはなりませんネッ☆


まずは彼女のホームページですぅ~^^ノ


そして購入時のワタクシの記事はコチラっ^^ノ


で、彼女の1st CD Confetto コチラで試聴ができますぅ^^ノ


あ、そうそう、今でも彼女のホームページから、ご本人直接で

送料無料・サイン付きでお買い上げできますぅ^^ノ



そしてっ!!
動画も発見しましたっ


















もいっちょどうぞっ^^ノ



















a0112282_22202619.jpg














アナタのおかげでいい年になりました*^^*ノ
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-12-22 22:22 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(8)

Novie(ノヴィ) ~Confetto

おっひさしぶりですぅ~~~^^ノ

ご心配いただきありがとうございますぅ。。
おかげさまで、ボチボチとヤッとおります(笑)

とまぁ、オヤジのほうは無事に手術も終わり、来週くらいには退院となりそうです。
次はオカン、コッチの方が気がかりですよねぇ。。
というか、やはりオカンが居なくなってオヤジが残るというのはどう考えても厄介なモンですねっ(笑)
そっちの心配です^^;

そしてこの暑さもあって、とにかく毎日帰宅後には残る体力もなく、ブログ徘徊くらいですぐにパソコンもシャットダウン、、
おかげさまでヤホーでポチッもなく、お財布の方も無事に過ごしていました。


がっ、、、


新譜を見回っていても、あまりココロを掴んでくれるようなモノもなく・・・


がっ、、、


そんな中、一つ発見☆
とは言っても、グッ!とキタわけではないんですが、新譜コーナーで発見して、どんな方なのかとまずは検索。
最初のホームページを見てみると、「直接購入できます。 サイン付き!!」なんて文字が・・・


でっ、、、


すぐに注文(笑)
ホームページから注文メールを送るとご本人からお返事があり、
「サインはどうされますか?」
とのことでしたので
「ぜひお願いしますぅ~」
と返しました^^v

そして届いたCD♪



a0112282_23245399.jpg

「Novie(ノヴィ)
      Confetto」


2011年06月22日発売


「Novieの1st.アルバム。
甘いスイーツのようなオトナかわいいジャズ。
現代を生きる女性のココロをオリジナル&スタンダードナンバーに乗せて、
豪華メンバーと共にお届けします。」

「徳島出身の女性シンガーによる初作品。ブラスバンドやロックを経験しており、リズム面での柔軟性を持った歌い手だ。日本が誇る名ドラマー、大坂昌彦のプロデュースによりジャズ作品として品質も十分。(CDジャーナル データベースより)」


1 ホワット・ア・リトル・ムーンライト・キャン・ドゥ
2 ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ
3 ガール・トーク
4 ハニーサックル・ローズ
5 ナイト・アンド・デイ
6 モーニン
7 ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングズ
8 フィール・ライク・メイキン・ラヴ
9 ビーウィッチド
10 レイジン・バウト
11 ユー・メイク・ミー・スマイル
12 チェンジ・ザ・ワールド
13 ジ・アイランド・オブ・カーニバル
14 ティー・フォー・トゥー


大坂昌彦(ds) 
今泉正明(p) 
本川悠平(b) 
寺屋ナオ(ag,eg) 
岡崎好朗(tp)
三木俊雄(ts) 
山田拓児(as) 
山岡潤(eugh) 
土井徳浩(cla) 
井谷享志(per)

音楽プロデュース:大坂昌彦  
ライナーノーツ:島田奈央


コチラで試聴ができますぅ^^ノ


そしてサインの入ったCDと、手書きのメッセージが入ったカード、チラシが送られてきました☆


a0112282_23314966.jpg



うぅ~~~ん、、
この方今まで存じておりませんでしたが、ナニかうれしい*^^*

なのでコレを見て「おぉ!!」と思った方にはコチラ^^ノ

サイン付きが買えます(笑)


とにかくこういった些細なことで、ファンになったりしちゃいます^^;
で、このCDは1stとのことですが、今までにも活動はされていたようですね、「金森ノブコ」で活動されていたそうです。
ま、ノブコちゃんってのもエエような感じしますけどね^^

とまぁ、そんなこんなで「オトナかわいい」というのが気になる気になる気になるのぉ~

で、早速聴いてみましたが・・・
コレがオトナかわいいというモンなんですか??
オトナのカワイさってことなんでしょうか??
お子チャマなボクにはイマイチ「ピンッ!」ときません、、^^;
お声がとてもオトナっぽくて、おっとなぁ~なおねぇたまって感じですよねぇ~
ボクになそんな感じです(笑)
演奏もバッチリな感じですし、歌もとても落ち着いてらっしゃるような・・・
コレならエエと思います☆
皆さんもぜひ、サイン付きをイッちゃってください^^ノ

徳島生まれの方で、ライブも徳島は入っておりますね。
後は活動としての東京ですか。。
徳島からすぐ近くの大阪にも一度は来てほしいモンですね。。(涙。。。

美穂たんといい、佐和たんといい、、大阪を通り過ぎていく人ばかり。。。

あ、大阪拠点のおねぇたまを探せばいいんですね??
ココ、やっと気づきましたよっ*^^*
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-07-16 23:49 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(10)

Shanti ~Romance with me

やっぱイッちゃいました*^^*


a0112282_17162816.jpg

「Shanti
    Romance with me」


2011年01月26日発売


1 Don't let me be lonely tonight
2 Romance with me
3 Love matters
4 Lovin’ you
5 Chain reaction
6 Who are you?
7 Dream a little dream of me
8 Tame desire
9 How insensitive
10 Ev'ry time we say goodbye
11 スローバラード~Our Ballad 


「2010年6月にメジャーデビューアルバムをリリースし、多くのヴォーカルファンの心を捉えたSHANTIの第2弾。静かな夜に、じっくり聴きたくなるようなロマンティックなジャズアルバムで、「Dream a little dream of me」や「Lovin’ You」などのスタンダードを中心に、今回は第1弾の「真夏の果実」に続いてRCサクセションの名曲「スローバラード」英語カバーを収録。オリジナルも、前作を上回る魅力的な作品が上がっています。」


とのこと。


コチラで試聴ができますぅ^^ノ


と、いうことでやっぱ、ガマンできませんでした、、f ^^
前回の試聴のすぐ後に買っちゃっておりました♪
先の「のざわさん」CD注文の際に、同時にポチッとしてしまいましたよ☆
ま、コチラはディスクピアの試聴機で少し聴いておりましたので、「いい」のはわかってます^^
ただそれでも自宅のオデオで聴くとどうなるのか??
非常に気になるところでもありましたっ、、

がっ、、、

そんな心配もヨソに、試聴時よりももっとカンゲキさせてくれることとなりましたっ*^^*
やっぱこのコ・・・失礼、、
この方、歌ウマイですわぁ~
あ、、ウマすぎますわぁ~♪
ちょうど日曜日の朝に届いていたので、ゆったりと4344MKⅡで聴きました。
録音も非常によろしいようですし、ナニより声がいい!><!
そしてやっぱ、発音もキレイ☆
あちゃら言葉も日本語も、うまく瞬時に切り替えれるんですねぇ、動画ではさまざまな楽器を演奏するなど、すべてにおいて器用なお方なのでしょうねぇ^^
あの、ゴダイゴのドラマーのムスメ!
お父ちゃんのツラ、キッチリ守りましたねっ!
というよりは、お父ちゃんの存在をグッ!と高めるかなりの孝行ムスメのようですねぇ(笑)

今まで、ボーカルモノのCDも結構買ってますが、正直あまり聴いていませんが、
この方、先の三奈さんに続きヒットの予感もしますね。

とまぁ、コレほどまでにベタホメするとナンか怪しまれそうですがっ、、(汗、、、
いいモンはいい!
ということで・・・^^v






前回と同じになってしまいますが、とにかくどうぞっ^^ノ









[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-05 22:28 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(2)

青江三奈 ~Passion Mina In N.Y.

今日も冷えましたねぇ~
少しだけですが、雪もチラつく時がありましたしぃ~、、

ま、そんなこんなで最近少しハマッちゃいましたコレ☆


a0112282_18214712.jpg

「青江三奈
     Passion Mina In N.Y.」


2007/8/24発売


1. オープニング"MOANIN'"〜伊勢佐木町ブルース
2. 長崎ブルース
3. 池袋の夜
4. 国際線待合室
5. NEW YORK STATE OF MIND
6. 上を向いて歩こう
7. LOVE IS FOREVER〜いつかまた〜
8. 白樺の小径
9. 淋しい時だけそばにいて
10. 恍惚のブルース
11. 女とお酒のぶるーす〜エンディング"MOANIN" 


MINA AOE(VO)
MASATAKA KAWANO(DS)
CHIP JACKSON(B)
MICHAEL ABENE(P)
DAVID SPINOZZA(G)
LOU SOLOFF(TP)
LOU MARINI(TS,CL)
STEVE BERRIOS(PERC)
EDISON(ORG,ARR)



「青江三奈1995年ニューヨーク・レインボールームでのチャリティー・ディナー・ショウの熱気と感動を再現! 青江三奈がニューヨークのトップ・ジャズメンを起用して自分の楽曲を日本語で歌った1995年発売の作品を復刻。もともとジャズ歌手だった彼女のブルージーな歌声を堪能できる。"モーニン" と "伊勢佐木町ブルース" をメドレーで繋いだオープニング・テーマ、アメリカ人にはおなじみの「上を向いて歩こう」をレゲエ調で歌ってみせる洒落た構成が聴きどころ。解説は、デビュー前より彼女と付き合いのあった岩浪洋三氏。当時の貴重なエピソードを交えて執筆している。 」


とのこと。


このCDは、昨年ウメキチさんところへオジャマさせていただいたときに聴かせていただたCDです☆
ボーカルもエエ感じですし、バックの演奏もカッコよろしやないですかぁ~♪
ヤホーで中古は何度か探したことありましたが、それからは気にはしてましたが、買うまでにはいたりませんでした。。
がっ、、先日のセーケ嬢のついでにっ、、
と徘徊していたときに、以前から在庫アリでチェックはしていたのですが、コレも何かの縁だろう!ということで買っちゃいました☆
ただ、ナンの縁なのかはわかりません(笑)

そして自宅で試聴~
もうウメキチ邸で聴いた音は忘れてしまってますが、CDを聴いてると、こんなところはこんな感じだったやろうなぁ~といった風に想像してますf ^^
ニューヨークでの、トップジャズメンを起用してのライブ演奏ですから、もう、、ナニもワルイハズがございませんねっ☆
「伊勢佐木町ブルース 」とか聞くと、かなり古臭いように感じてしまってましたが、こりゃまたナンのナンの・・・
演奏もあってか、とてもカッコよろしではないですかぁ^^
そしてダレもが知ってるこのメロディー☆
思わず一緒に口ずさんでしまいますわっ(笑)
この1曲目もお気に入りですが、7曲目「いつかまた」のサビがアタマから離れません♪
いいですねぇ、夜中に一人、しみじみ聴いてます^^;


とにかく、コレでこの三奈さん、他のCDも聴いてみたくなっちゃいましたよっ*^^*








ま、とにかくやはり、コレをどうぞっ^^ノ


















[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-03-04 22:47 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(8)

KAORU AZUMA ~FOOTPRINTS IN NEW YORK

さて、本日はジャケ買い!・・・ではありませんっ、、f ^^;

いつものネットCDショップで特価になっており、その時に買ったのですが・・・
ナゼかコレ、ずっと以前からチェックはしていたのですが、ピアノだと思ってたんですねぇ・・・
今となってみれば、ちゃんと「(vo)」って書いてるんですけどねっ、、f ^^;
なので最初、聴いたときにはビックリしましたよっ!
いきなりボーカルが聴こえてきたので、1曲目からゲストでボーカル入れるかぁ~?
とかツッこんでしまいましたし、、(汗、、、

ま、コチラがそのCDですよん♪


a0112282_18554321.jpg

「KAORU AZUMA 東かおる
                FOOTPRINTS IN NEW YORK ~SONGS FROM JAZZ MASTEERS~」


2008年7月18日発売


1. HIGH WIRE
2. CONFIRMATION
3. HANA/A FLOWER IS A LOVESOME THING
4. ANOTHER YES OR NO(YES OR NO)
5. JUNGLE CITY NEW YORK(BEMSHA SWING)
6. FOOTPRINTS
7. NOW'S THE TIME GIANT STEPS(GIANT STEPS)
8. WITHOUT A TRACE
9. ALONG CAME MEMORY(ALONG CAME BETTY)
10. TURN OUT THE STARS


KAORU AZUMA(vo)
MIKE HOLOBER(p)
SCOTT REEVES(flh)
JESSE FOREST(g)
ROBINSON MORSE(b)
PAOLO ORLANDI(ds)


「1曲目数分もしないうちにMARLENE VER PLANCKの『A BREATH OF FRESH AIR』とCYBILL SHEPHERDの『MAD ABOUT THE BOY』を何故か連想した。曲は勿論違う。マレーン盤はMr.Luckyだしシビル盤はtristeだ。楽器編成も違う。なんでかな、と考えたらそのフレッシュなイキイキ感、キトキト感(富山の方言で新鮮な様子をさす)を彼女のどこかに感じたのかもしれない。というか彼女のことは全然知らないわけだけど、歌というか音楽というかジャズに対するスタンス。それが聴き進むうちに分ってきた。おやおや、選曲が渋いのではないか。ボクが一番感じた渋セレクションは、ALONG COME BETTYでベニー・ゴルソンの曲、ご存知ブレイキーの『モーニン』の中の佳曲。普通は、この曲選んで歌詞つけちゃうとは思わない。しかも初作品で。このセンスを買いたいね。なんか「秋」を感じちゃいますね。で、またまた発見なんだけど、アルト・フリューゲルという楽器、トロンボーンみたいな音でるようだけど。この楽器の使い方がうまくて随所で感じ入ってしまう。いいねぇ。ショーターのYES OR NOとFOOTPRINTSそれからモンクのBEMSHA SWING、コルトレーンのGIANT STEPS、エバンスのTURN OUT THE STARSなどで巧みな自己表現を展開。そういうものたちが、ある意味かなり新鮮なのだ。時に英語、日本語での表現。50年前のひばり、チエミとは違う、モダンなものがある。ニューヨーク録音ということで、演奏陣営のカラッとした音音が一層と彼女を盛りたてている。心地よい一枚だと思う。」


とのこと。


うぅ~~~ん、、コレまたビミョーな感じ・・・
「ふぅ~~~う~~~ぅ~~~」
的なところが多い・・・イマイチ、ソコらヘンは良さがわかりませんっ、、(汗、、、
普通に歌ってるところは、声が優しい感じなのか、ま、こんな感じもエエのかなぁ~とは思いましたが・・・f ^^;
ただ、ナンとなく聴いてると「矢野顕子」さんを思い出してしまうのはナゼ??
雰囲気似てる??
ま、コレ以上はナニも浮かびません。。(涙。。。
コレも、もっと何度も聴いてみると、ナニか発見できるかな??



と、いうことで、とにかくどうぞっ^^ノ












はぁ~~~あ~~~ぁ~~~
的なヤツでしたねっ、、f ^^;

もう一つ、普通の歌バージョン?
ま、どうぞっ^^ノ









[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-02-25 22:36 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(6)

Chia ~星からの贈り物

いやぁ~、ひっさしぶりにアメコンコンですねぇ~
天気予報どおりに夜から降り出しました。。
30分、仕事が早く終わってればアメに打たれずに帰れたんですけどねぇ^^;
で、ボチボチ平日は仕事でオデオ活動が出来なくなってきたので、CDネタ復活ですっ、、
それもレンチャンの予感っ、、f ^^;
とにかくオーディオネタがありませんっ!><!
さみしすぎますぅ~T T

で、そんなところからですがっ^^v
コチラは少し前にヤホーで格安新品ってことで、数枚買っていたウチの1枚ですぅ☆


a0112282_18103616.jpg

「Chia
   星からの贈り物」


2007年04月25日発売


1 Night And Day
2 Over The Rainbow
3 ロミオとジュリエット~a Time For Us~
4 イヒラニ~ihirani~
5 Love For Sale
6 My Funny Valentine
7 Lonely Chia
8 Take The `a' Train
9 My Romance
10 星からの贈り物~a Gift From A Star~


「サックス奏者、つづらのあつしのプロデュースのもと、西直樹、岩瀬立飛ほか実力派と録音したセカンド・アルバム。変拍子でスウィングする1曲目、現代的な凝ったアレンジとナチュラルなヴォーカルの組み合わせが面白い3曲目など名曲の解釈が新鮮。自作の10曲目は穏やかで心地よい佳曲。(晃)(CDジャーナル データベースより) 」


とのこと。


コチラで試聴ができますぅ^^ノ


まずはこの方、「Chia」ってことですがっ、、
日本人のようです(笑)
日比野千晶さんとのこと、「ちあき」さんなのでってことなんでしょうねっ☆
ま、そんなことは置いておきましょう。。

で、なんとなくかわいらしい声って感じでしょうか?
ベッピンな早川えみさんとナンか似た感じの声、歌い方のように感じてしまいました、、f ^^
とにかくわかいらしい感じのお声と優しい歌い方、「癒し」系ボーカルかも??^^;
しつこさもイヤミ感もまったくないのでとても聴きやすいかも♪
ながら聴きにももってこいな感じです、なのでウチでも良く流してます^^

残念ですが、動画の方は見つけられませんでした、、m(_ _)m

癒し系をお求めの方はぜひどうぞっ^^ノ
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-02-08 21:30 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(4)