<   2010年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

レコードで さだまさし ♪

さてさて、先ほどの 朱里エイコさん のレコードでいい感じになってきたところで・・・

懐かしい気持ちになり、一年ほど前に買って一度も聴いていなかったレコードを思い出しましたっ・・
物置部屋のダンボールを開けて・・・ついに封印をときましたっ!!

a0112282_16193135.jpg

「さだまさし
     うつろひ」

ははっ、、懐かしいですねぇ~♪
子供の頃に同じレコードがありましたっ
小学生の頃でした、お年玉をためて買った思い出のレコードです。
そしてほとんど毎日聴いてました^^
そしてCDと言うものが出て・・・レコードプレイヤーが壊れて・・・レコードは箱に詰めて押入れの隅っこに置いて・・・数年後、気づいて押入れの隅っこを見てみると・・・
もうレコード入れた箱はありませんでした・・・; ;
捨てるの大好きオカンが粗大ゴミに出したとのことでした・・・・・T T

そんな想い出?のあるレコードを、ついヤホーで見つけて買っちゃってましたけど、結局聴くこともなくほったらかしでした。。
さだまさし、グレープ、サーカスなどなどのまとめて処分との20枚ほどレコードを買って届いたままの状態で物置部屋においていて、その後ケガから手術・・・で忘れ去られておりましたね、、^^;

そんな思いのあるレコード、、まさかこんな大きなスピーカーで鳴らす日がくるとは・・・
子供の頃、ラジオカセットレコードプレイヤーアンプ??(要は一体型で小さなものです。。)で聴いて喜んでいたアノ頃を思いだします。。

でもなんか・・・こんな音やったんかな・・・って感じがしないでもない。。
子供の頃にうれしくて聴きたくて・・・の頃と、気持ちの違いなのかもしれません。
思い出というのはいつまでも美しいモノです・・・f ^^;

なんてことも思いながら、、先の 朱里エイコさん 同様に録音がいいですねっ☆
ギターやバイオリンがとてもキレイですわ~
で、コレはさだまさしさんの音作りなのでしょうか、響き?がつけられていてとてもお上品な音?のように聴こえます^^;
まっさんの歌声も、若いのもありますがなんとなくキレイすぎやない?って感じがしないでもなくはない・・・
ナニ言うてるかわからんようになってなってきましたわっ(笑)

そこでも一つ・・・

a0112282_16441780.jpg

「サーカス   ~ブティック」

コレも懐かしいですねっ☆
レコードかけながら一緒に歌ってしまいますわぁ~^^♪

とまぁ、コレくらいにしておきまして(笑)

次からは平常営業です・・・

a0112282_16462840.jpg

「BILL EVANS   ~Waltz For Debby」


a0112282_1647358.jpg

「John Coltrane   ~My Favorite Things」


a0112282_16494250.jpg

「秋吉 敏子   ~TOSHIKO」


a0112282_16502514.jpg

「Kenny Drew Trio   ~Swingin' Love」



とまぁ、、今日は一日レコードで終わっちゃいました。。^^♪
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-28 16:53 | レコードを聴く! | Comments(2)

朱里エイコさんをレコードで♪

夜中はずっと雨でしたね、、
明け方には上がりましたが、今日は少し肌寒い一日です。。

ま、そんなことはさておいて。。^^
少し前、たっちんさんがブログで書いておられた 朱里エイコさん をレコードで手に入れてみましたっ♪

言われていたように、ヤホーで見てみるとベスト盤のCDなんかだとベラボーな値段に上がってました・・・
ですのでとりあえず聴いてみないと始らないっ!!
ってことで、値段を見てチェックしておりました。
あ、、そうそう、、、
ワタクシはまだ小さなお子チャマの頃の方なんで、ワタシは知りませんでした。
名前を聞いても??ですので、とにかく手に入れて聴いてみないことにはナニもわからないのですよっ☆

そしてついに目ぼしいところでコレをいっちゃいましたっ!!

a0112282_18113272.jpg

a0112282_18114657.jpg

「朱里エイコ
     ENDLESS」

LPに「ジョーのダイヤモンド」のEP盤も付いてきましたぁ~♪
そして今回、わが家では初めてのEP盤となりましたっ☆
コレで、プレイヤーの「45回転」も試せますわ(笑)
そしてEPアダプターも初めて使えますわ(笑)x2

ってことで、まずはLPからっ

a0112282_1661333.jpg


確かに曲を聴いてると懐かしいサウンド~って感じがしますねっ
で、、コノ人、ホントウマイですねっ!!
ビックリです、歌い方がとてもカッコ良いですぅ*^^*
英語の歌詞も違和感なく歌い上げてますねぇ、、
こんな時代に・・・当時ではハイカラ過ぎたのでは??なんて思います。。
発売が1978年?今から30年以上も前にこんな歌を歌っていたんですねっ!
今まで古臭い?なんて勝手にイメージしていただけでしたが、昔の日本人の歌ってのも聴いてみるモンですねぇ~
新しい発見ですっ、ただの回顧主義ではないですね、今の音楽しか聴いたことない世代には特に新しい音楽のように聴こえるかもしれないですね。
ただ・・・この方、CDに手を出すには勇気が要ります。。
ジャズCDのように、廉価版で再発はないんでしょうかね??^^;

そして・・・わが家で初体験のEP盤、45回転盤を聴いてみます♪

a0112282_16836.jpg

a0112282_1681962.jpg


ははっ、、あたりまえですけど普通に曲が流れてきましたぁ~(笑)
コレで動作確認完了ですっ!
動作確認済みでいつでも売りにだせますよ~・・・って、売るつもりはないですけど・・(笑)

youtubeでも色々とアップされてるようです。
このアルバムタイトル通りの「ジョーのダイヤモンド」をアップしてみましたよっ♪

「ダイヤモンド~盗むなんて~・・・♪」^^


[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-27 18:25 | レコードを聴く! | Comments(6)

今日のCD~♪

一晩中降り続いた雨も、明け方には上がり午前中は日差しも出て暖かくなりましたよっ☆

このあと数日は、お天気がスッキリしないようですね。
雨マークが続いてますねっ、、^^;

で、先日病院の診察の際に忘れてきたクスリをもらいに処方箋を持って、近所の薬局へ行ってきましたっ^^

で・・・今日はちょくちょく買っている、ネットのCDショップで買った新譜が届きました♪

a0112282_16541221.jpg

a0112282_16543991.jpg

「Nikoletta Szoke
          My Song」

澤野工房さんからの新譜です。
去年の今頃だったと思います、彼女のCDを初めて聴いて「ホ」の字になりました*^^*
明るい感じの歌声ですが、にぎやかでなくアップテンポでなくともワタシでも聴き入ってしまう感じです(笑)
歌い方がウマイのでしょうか・・?
決して今回はジャケ買いではありませんっ、、
もうジャケ買いを究めてくると、コレくらいではココロ動きませんよっ・・・(ウソ。。)^^;

先日発売で、予約していたので早々に届きましたっ☆

前作同様、澤野CDでも有名?な Robert Lakatos が演奏を勤めておりますねっ。

1. Your song (Elton John/Bernie Taupin)
2. The way we were (Marvin Hamlisch/Marilyn & Alan Bergman)
3. On a clear day (Burton Lane/Alan Jay Lerner)
4. Throw it away (Aminata Moseka/Abbey Lincoln)
5. Who can I turn to? (Leslie Bricusse/Anthony Newley)
6. The best is yet to come (Cy Coleman/Carolyn Leigh)
7. Meditacao (Meditation) (Antonio Carlos Jobim/Newton Mendonca)
8. Moon and sand (Alec Wilder-Morty Palitz/William Engvick)
9. Whatever Lola wants (Richard Adler/Jerry Ross)
10. Highwire (The Aerialist) (Chick Corea/Tony Cohan)
11. Sleep, my love (József Horváth Barcza/Nikoletta Szőke)
12. I believe I can fly (Robert Kelly)
13. Everything happens to me (Matt Dennis/Tom Adair)
14. Two of us (John Lennon-Paul McCartney)

Nikoletta Szőke - vocal
Robert Lakatos - piano
József Horváth Barcza - bass
András Mohay - drums

ココで試聴もできるようです♪




youtubeでも多数アップされてるようでしたので、ご参考に~♪


[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-27 17:24 | じゃずぼ~かる^^ / | Comments(2)

もうひとつの micro で もうひとつの ortofon ♪

ほんとよう降りますねぇ~

一日雨でしたっ、、
でした。というよりこの時間になってかなり激しく降ってきてますわ^^;
風が出てきていわゆる「ふきぶり」ってヤツですねっ・・・

で、昨日の診察で初めて「クスリ」を出してもらってました。
「痛み止めのクスリを試しに出しますわ。」
ってことで処方箋をもらっていたのですが・・・

今朝、仕事前に飲んで行こうかなぁ~なんて思い・・・重大なことに気づきましたっ!!!

初めてのお薬だったんで、病院を出てから薬局に向くクセがなく・・・
クスリをもらうのを忘れてましたぁ~~・・・f ^^;
いやいやほんと、情けないモンですわぁ。。
明日にでも近所の薬局へでも行ってきますよん^^

ま、、そんなこんなで昨日は午後から時間があったので、、、
先日とは違った方の micro で、MC ではないほうの ortofon をセットしてみましたっ☆

a0112282_17552412.jpg


MICRO MR-211 に  ORTOFON 320 をセットです。
アンプはモチロン?LUX SQ-503 で、Fostex FE-127 を使って聴きました。

高さやら・・・一通り調整を済ませ、こちらは MM なんでトランスは必要なしと・・・

なんか毎回ナニかするたびにドキドキしますねぇ・・・^^;
ま、ぶっ壊さない程度に気楽に行きたいところです(笑)

そしてナニを聴こうかなぁ~っと・・・

a0112282_17585371.jpg


「The Modern Jazz Quartet   ~The Last Concert」

あまりにも有名なんですよね??
コレを初めて聴いて、MJQ にハマりましたっ♪
その頃はまだ、ほとんどレコードを聴くことがなかったので、すぐさまCDを購入しましたよ^^

レコード2枚組み、ジャケットもとてもいい感じですぅ~

1974年録音

DISC ONE
1 Softly as in a Morning Sunrise
2 The Cylinder
3 Summertime
4 Really True Blues
5 What's New
6 Blues in A Minor
7 Confirmation
8 'Round Midnight
9 A Night in Tunisia
10 Tears from the Children
11 Blues in H(B)
12 England's Carol

DISC TWO
1 The Golden Striker
2 One never Knows
3 Trav'lin'
4 Skating in Central Park
5 The Legendary Profile
6 Adagio from the Guitar Concerto, Concerto de Aranjuez
7 The Jasmine Tree
8 In Memoriam
- Encore -
9 Django
10 Bags' Groove

John Lewis (p)
Milt Jackson (vb)
Percy Heath (b)
Connie Kay (ds)

当然ですが、4人なので Quartet ですねっ☆
Quartet って??と思ったときにはMJQを思い出して4人じゃんって・・^^;

出だしからとても良い雰囲気が出てますねっ♪

ただかなり低音が出てます出てます・・・^^

先のJBL4343で、MC、MMと変えて聴いてみた時ほどの、音の迫力や厚みなどは気になりませんでした。。
コレ、、、十分でない??
今、このLuxには Sony の CDP-597 を繋いでますので、カンペキに音の違いを実感できます。
このワタシがハッキリと感じましたっ!

「レコードって音いい」

・・・はは、、ココロの底から思いましたわぁ~f ^^;

やはり先の杉ばあさまよりお借りしている ortofon や DENON にくらべると、厚みやどっしり感のようなモノは薄れてますが、とてもスッキリしていてかなぁ~り聴きやすいですわっ♪
ただやはりぃ、このレコードかMJQの特徴なのか、低音がすごく鳴ってますけど。。

アルバム2枚を十分に楽しませていただいて、次は久振りにコレを聴いてみましたっ

a0112282_18302756.jpg


ノラちゃんの「The Fall」ですよん^^

明るく気持ちよく聴きたいのは・・・と考えるとコレに目が行きましたっ
やはりカワイイおねぇさまは、明るく愛想良くないといけませんよねっ☆
コレもグゥ~です、このortofon、、、オマケでDD-8に付いてきたのにMR-211専属に決定させますわ~
ラックスのアンプで鳴らすのが良かったのかもしれませんね。
いずれにしても、他にも聴いてみたくなりましたよ^^

そしてついで?に先ほどのMJQを4343でも聴いてみました。

a0112282_1841027.jpg


ortofon SL-15Ⅱ を付けてあります。
こちらで聴くとやはり、しっとりと聴かせてくれる感じがします。
それと先ほどはビックリした?低音は程よくとても気持ちのいい響きをしています。
先ほどのは、タダ単にフォステクスのセッティングのせい??
キッチリしていないから強烈に低音が鳴っただけなんでしょうか・・・??
次は・・・そのアタリもやってみないといけないですね・・・; ;
いつもながらなんかようわかりませんが、どちらもそれぞれいい感じでしたっ^^v

チャンチャン♪
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-26 23:20 | レコードを聴く! | Comments(0)

今日は診察でした☆

いいですねぇ~っ♪

もう春のように暖かいですねっ☆

午後からは雲が多くなってきて、少しモワッとした感じになってきましたけど。。

今日は月に一度の診察でした。
天気は良かったので、ワゲオ君で朝からバシッと!^^

日差しが出てくると、ヒーターどころか窓全開で走ってても汗ばんできましたよっ

で、、少しキタナイお話ですが・・・
病院横の駐車場に車を止めて、降りようと立ち上がったときになんかオケツが冷たい・・・
一瞬暑いので汗かいたかな~・・なんて思いましたが次の一瞬で長年のカンが働きましたっ☆
このヌレかたは・・・そう・・・オケツのデンボが潰れてるっ><
よりによってこんなところで・・・^^;

で、受付する前にまずは便所に飛び込みオケツをフキフキ・・・
ま、こんなこと全国ネットで言うてる場合やないですけどねf ^^;

そして何気なくすました顔して受付しましたよん^^♪

ただ今日は込み合っていて、先月よりも長い1時間と少し待たされましたぁ~
で、診察の方はいつもと同じくおしゃべり?とベッドに横になって足をグリグリされて。。
結果もいつもと同じく、

「時間と共に馴染んできますから、がんばって鍛えてねっ」

ってことでした。。

おかげさまで5分間ほどで診察も終わり、無事にご帰宅となりました ^^v



で、オケツのデンボも落ち着いたところで・・・


a0112282_17232715.jpg



レコード聴いてますっ^^♪
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-25 17:24 | おケガな たも | Comments(2)

またまた続いて・・・♪

今日も暖かい一日でしたねっ♪

「もぉ~すぐはぁ~るですねぇっ♪」

と歌いだしてしまいますねっ^^♪
上着どころか厚手のシャツでも汗がにじんできましたよっ☆

と、、そんな感じで?またまた続いて 伊藤君子さん で^^♪

a0112282_17343068.jpg

「伊藤君子
     For Lovers Only」

1987年発売

1 愛は面影の中に
2 ジンジ
3 ルック・オヴ・ラヴ(恋の面影)
4 サムホエア(恋は永遠に)
5 インタールード
6 レット・イット・ビー・ミー
7 オール・イン・ラヴ・イズ・フェア(恋)
8 トゥゲザー
9 フォー・オール・ウィ・ノウ
10 ハウ・ロング・ハズ・ディス・ビーン・ゴーイング・オン(いつの頃からか) (Previously Unreleased Bonus Track)

伊藤 君子 (vo)
Michael Brecker (ts)
佐藤允彦 (p)
Eddie Gomez (b)
Steve Gadd (ds)

「日本発ワールドクラスの本格ジャズレーベル「A TOUCH」の名盤をリマスター再発。「タッチ・オブ・ラヴ」に続く形でリリースされた伊藤君子の代表作,移籍第2作は前作以上にコンテンポラリーな魅力に溢れた作品となっています。ナンシー・ウィルソンで成功した佐藤允彦の素晴しいアレンジも特筆です。」

たっちんさんお気に入りでしたね??^^
バラード満載のアルバムですねっ☆
ノリノリ系なワタクシでも、結構いい感じだと思いました(笑)
メンバーが豪華ですねっ☆
パッと見てただけで、ワタクシでも知ってる名前がずらりっ!ですわぁ~
こりゃぁ、、ワルイはずかなろうかと、聴く前から思ってしまいますねぇ♪

ただ現在では、SACDハイブリッドのみの販売になってるのでしょうかね??
HMVを見てみても普通のCDは出てきませんでした。
ただハイブリッドディスクですので、SACD対応のプレイヤーを使われている方にはいいかもですねっ♪

ほんと、君子さん、、声も歌い方もすんばらしいですねぇ。。*^^*
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-24 18:33 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(2)

今日もCD^^

今日はほんと、暖かい一日になりましたねぇ~♪

上着なんていらんやんっ!
お天気もとてもよく、汗ばむくらいの陽気でしたよっ^^♪

ま、、そんな感じで・・・

以前に 「津軽弁ジャズ」 で始めて聴いた 伊藤君子さん のCDを、かなぁ~り前にヤホーで買っていたのを思い出しましたっ☆

a0112282_16554794.jpg

「伊藤君子
     STANDARDS MY WAY」

1997年発売

1. Autumn in New York
2. Shadow of Your Smile
3. Prelude to a Kiss
4. You've Got a Friend
5. Old Devil Moon
6. Hurricane Country
7. Wives and Lovers
8. But Beautiful
9. Time After Time
10. You Must Believe in Spring
11. This Masquerade
12. Moon River


「いまや日本を代表するトップ・シンガーとなった伊藤君子の堂々たるスタンダード・アルバム。とりわけ今回は親しみやすい美しいメロディの曲が多数集められている。豪華なバックとアレンジを得て,伸び伸びとかつ堂々と歌う彼女の姿が魅力的だ。」

親しみやすくていいですねっ♪

ただ、、まだワタクシには「津軽弁ジャズ」の印象が強く残っていて・・・
こんなにジャズボーカルされても・・・(笑)
違う人のように感じてしまいます。。^^;

皆さんにはおなじみの 君子さん なんでしょうね、、、聴く順番を間違えたのかもしれませんねっ(笑)



コレが津軽弁でしょ。。

そして・・・



こうなると、、、

違う人みたいに聴こえるでしょ??(笑)
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-23 23:11 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(2)

なんででしょうか。。

また目に付いたかなり目を背けたくなるようなニュースです。


3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡


3歳の子供にずっと殴るとかを続けていたようですね。
エエ年こいてこの父親はナンナンでしょうね。
ナゼこんなことができるのか、ほんと不思議です。
毎日毎日大きなオトナに家で殴られて・・・
この子は毎日をどういう気持ちで過ごしていたんでしょうね。。
つい先日も、こういった事件がありましたね。
よく目にする・・・なぜこんなにも多いんでしょう。。
とにかくこの男には、毎日コワイ人に死なない程度に殴り続けてもらうことから始めないといけませんね。

そしてこういった犯罪は、無差別大量殺人並みの凶悪犯罪ではないのでしょうか?
極刑も考えないと・・・何もできないこんな小さな子供にええ年の大人がこんなことをするのですから、極刑も当然ではないかと思います。
でないとこういった記事を見てる側も、怒りが収まりません。

死刑反対へっちゃくれ言う前に、犯罪を防ぐためのことを考えてください。

犯罪がなくなれば、死刑もなくなるんですから。

と、言いながら飲んでいたら酔いすぎました。。
・・・・・・・・・・・おやすみなさい・・・・・・・・・。。。
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-23 00:04 | ひとりごと | Comments(4)

青紀ひかり ~Indigo

今日は暖かくなりましたねぇ~

上着を着ているだけで汗ばんでくるほどでしたよっ☆

今週はずっと気温が高めのようです、つい先日までの冷え込みから一転・・・
体調管理にお気をつけくださいましまし。。^^

そんなこんなでつい先日、ヤホーで落札したCD♪

色々と格安スタートしておられる方でしたが、終了が平日の昼間ということもあり終了時間にチェックすることが出来ずに、前もって入札していたコノ一枚のみの落札となてしまいましたっ><!
まとめ買いの使者としては、非常に残念残念・・・

ですがワタクシ、この方は知りませんでしたっ、、

ただジャケットを見て・・・で、ポチッとしただけでした。^^;

a0112282_1653355.jpg

「青紀ひかり
     Indigo」

2004年発売

1. Spooky
2. Time After Time
3. Caravan
4. This Masquerade
5. My Love
6. Indigo Blues
7. Cry Me A River
8. Just The Two Of Us
9. Your Song
10. The Look Of Love

「ミラノのライブハウス’カポリネア’でジャズを耳にしてヴォ-カルリストを志し、拠点を置いて活動していたヨーロッパからニューヨークに渡った。 フィリップ・ハミルトン(パット・メセニ-・グループのヴォ-カル)に出逢い、直接ヴォイス・トレーニングを受ける事で、彼女独自のスタイルを生み出した。
日本のジャズ/クラブ・シーンに置いて、スタンダードとニュー・スタイルをとリ入れたジャズ・シンガーとして注目を集めている。」

こちらの official website のリリースのところで2曲の試聴ができます。

a0112282_16263947.jpg


先日、JBL4343 の方で聴きましたっ♪
まず最初の出だしの音が鳴った瞬間には 「なんじゃこりゃぁーっ」 (笑)

あまりにもの出だしにビックリさせられましたf ^^;
一瞬ナンの音楽なのかと思いました。。
初めての経験です*^^*
ごく普通のジャズボーカルをイメージしてましたが、、、
コレはなんと言えばいいのでしょうか??
「Club系サウンドに仕上げられた」とアマゾンのレビューで書かれてる方がいましたが、「クラブ系サウンド」ということでよろしい??^^
ただそんな中で、彼女の歌が始ると・・・ナンか不思議な感じになりましたっ
ナンかいいですね、、声でしょうか、歌い方でしょうか・・・
ナンかクセになる感じがしましたよっ☆
ただコノ演奏は、ゆったりボーカルをお望みの方にはムリかも。。^^;

現代的?なシャカシャカ演奏??と彼女の優しい歌い方と声がとてもうまく合わさってる感じです。
この歌い方、とてもオシャレですねっ♪
ただこのCD以外、アルバムの発売はないようです、、残念っ!!
ワタクシ的にはかなりグゥ~ですぅ*^^*
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-22 21:51 | みわくのじゃずぼ~かる*^^* | Comments(4)

micro で ortofon ♪

今日もいいお天気ですっ☆
風は少しちべたいですが、それほど寒く感じることもなく過ごしやすい一日でしたっ♪

そして日が少しづつ長くなってきてますねぇ。
この時間でもまだ少し明るいですねぇ^^

そんな感じのお昼下がり、、

今日は MICRO DD-8 に ortofon SL-15Ⅱ をセットしてみましたっ^^♪

a0112282_1727429.jpg


またまた高さ調整、ゼロバランス、針圧・・・一通り済ませて・・・・・

・・・あっ、、
前回は MM の ortofon 320 だったんで、昇圧トランスつけないと・・・
またまたやってしまうところでしたぁ。。^^;

そしてまずは試しに?

a0112282_17295218.jpg


「BILL EVANS TRIO  ~PORTRAIT IN JAZZ」

からイッてみましたっ♪

参考までに・・・


1 Come Rain or Come Shine
2 Autumn Leaves (take 1)
3 Autumn Leaves (take 2, Monaural version)
4 Witchcraft
5 When I Fall in Love
6 Peri's Scope
7 What is This Thing Called Love
8 Spring Is here
9 Someday My Prince will Come
10 Blue in Green (take 3)

Bill Evans p
Scott LaFaro b
Paul Motian ds
Recorded December 28, 1959

スコット・ラファロ ポール・モチアン でのトリオの有名なアルバムですねっ☆
「Autumn Leaves」がステレオ、モノラルと2テイク収録されているのでも有名?なようですねっ。

ただ、、ワタクシ今まであまりCDでは聴いてませんでした。。^^;
演奏は良いですし、とても好きなのですが・・・
CDだとガンガンくる?晩年の演奏を好んでいるので、こちらのような古めのほうは少し遠ざかってました。

今回のオルトフォンではかなりいい感じに鳴ってすれますねっ♪
先のDENONのほうとは違い、かなりしっくり?とくるようです。
ただこの年代?あたりのアルバムを聴くのには、雰囲気がよく出るように感じました。
そして音楽がとてもおしゃれに聴こえますねっ☆
雰囲気を味わいながら、おしゃれに聴かせてくれますねっ
あぁ~、ちょっと古めのジャズ聴いてるなぁ~って感じですわぁ。。
相変わらずわかりにくい表現ですんませんです。。f ^^;

ま、気を取り直してっ(笑)

a0112282_17541929.jpg


「Bill Evans  ~California Here I Come」

1967年8月17-18日、ニューヨーク ビレッジバンガートでのライブ録音です。
LP2枚組みですよっ☆

Bill Evans (piano)
Eddie Gomez (Bass)
Philly Joe Jones (Drums)

1.California, Here I Come
2.Polka Dots and Moonbeams
3.Turn Out the Stars
4.Stella by Starlight
5.You're Gonna Hear from Me
6.In a Sentimental Mood
7.G Waltz
8.On Green Dolphin Street
9.Gone With the Wind
10.If You Could See Me Now
11.Alfie
12.Very Early
13.'Round Midnight
14.Emily
15.Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)

フィリー・ジョー・ジョーンズ の参加ですね。
このジャケットが好きで、レコードでも入手したものです。
先にCDで聴いていたので演奏の方はグゥ~だったんですが、ジャケットを思うとやはりレコードがほしくなってしまいますよね^^♪
とても良い、お部屋のインテリアになるでしょう(笑)

LP2枚で全曲15曲です。
CDでも同名、同じジャケットで出ていますが、この2日間のライブの全てを1日ごとに2枚組みのCDでも出ております。
ですので合計4枚のCDを・・・となると結構キツイかも(笑)
このアルバムだと、CDでは一枚に収まってますのでいいとこ取りでこちらの方がいいかもですね^^;

こちらもとてもいい感じです♪

静かなところから、すぅ~っと音楽が出てくるようです。
ただココで一つ思いましたが、先ほどの「PORTRAIT IN JAZZ」なんかは
LUX ortofon AR で聴いたほうが雰囲気はいいんですよね。。
ただそこは 4343 で聴くときには、迫力もプラスされて・・・
うぅ~~~ん、、、、、
少し聴き続けてみないとわからないですわぁ~・・・^^;

話が飛んでしまいましたが、「California Here I Come」 だと フィリー・ジョーのドラムを DENON で聴いたほうが面白いかなぁ~
バシバシとくる時なんかは楽しい^^♪

うぅ~~~ん、、、2つのカートリッジでコレだけ悩んでしまいますぅ。。
DL-103 ってのも聴いてみたくなりましたわっ(笑)
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-21 18:29 | レコードを聴く! | Comments(16)