今日もレコード f ^^

今日もかなり蒸し暑い一日。。
明日は雨なんかな??
日曜日の雨はボリュームを上げれるので期待☆
ただせっかくのお休みなのに、布団が干せないのが・・・f ^^;

ま、そういうところで今日もレコード♪

まずは先日入手しました 加藤登紀子 さん☆
たっちんさんの思い入れがあったレコードのようですね、それをお聞きしたのでまずはコレをとにかく聴いてみよう~ってことです^^
ただワタクシ、初めてでございますf ^^;
なのでどういった感じなのかは一切わかりません。。
で、その中からコレ、たっちんさんのかつての愛聴盤♪


a0112282_22105767.jpg



加藤登紀子 豪華決定盤 「琵琶湖周航の歌」

・琵琶湖周航の歌
・少年は街を出る
・帰りたい帰れない
・ひとり寝の子守唄
・西武門節
・ギターをひこう
・悲しみの島
・知床旅情
・赤い風船
・真夜中の電話
・小さな花びらの思い出
・誰も誰も知らない
・愛のくらし
・別れの数え歌


まずは題名だけを見てみても、ほとんど知りませんっ、、(汗、、、
題名だけでは曲は出てきません、が、、聴いてもほとんどは知りませんでした。。
そして雰囲気は優しいおかぁさんって感じがしましたよf ^^
ナゼかはわかりませんがっ、、^^;
とにかく歌い方なのでしょうか、とても優しい感じがします。
その歌声に、完全にリラックスムードになってしまいます。
ボクなんかだと世代が違うからか、当時を思い出してしみじみ・・・なんてことはありませんf ^^
ジャケはかなり年季が入っておりますが、盤は状態良かったことが◎
せっかくのたっちんさんの思い出が、キズだらけでどうにも聴いていられなかった!
なんてことにはならずにホッ*^^*
あとの3枚もすべて聴いてみて、改めてどうなの?と自問してみましょう・・・


で、次なるはコチラ^^ノ


a0112282_22235856.jpg



朱里エイコ 「JUMPING FLASH」

side1
白い小鳩
北国行きで
恋の衝撃
心の痛み
ジェット最終便
あなたの勝ちだわ

side2
スーパー・スター
雪が降る
やさしく歌って
いとしのパオラ
明日に架ける橋
夢の中に君がいる


side3
古い珈琲屋
甘い夜の果て
罪なあなた
いい時とわるい時
光る海
愛の入港

side4
追憶
難破船
風のトレイン
あいつ
愛のララバイ
愛の場所


a0112282_22301311.jpg



なんと豪華ポスターまで付いてきました(笑)

とにかく2枚組みなのでボリューム十分*^^*
ジャケ、盤、そしてポスターまでも状態「良」(笑)

洋楽カバーからオリジナル?まで幅も広いようですねっ☆
ただ、先の登紀子さんは音も良い感じだったのですが、エイコねぇさんにチェンジしたとたんにナンとなくダウン??
少し音に不満がでますねぇ。。
が、、エイコねぇさんのドンッ!とくるお声は惹かれますねぇ~
side2 の スーパー・スター なんてのは、カーペンターズの歌でのイメージが強いのですが、エイコねぇさんが歌うとコレまた力強い(笑)
ただその後、「やさしく~」からは曲に合わせたのか?
ナンとなく優しく歌ってるような感じ・・・
こんな歌い方もできるんや(笑)
あ、、こんなこと言うと怒られますねっ、、(汗、、、
オリジナルの曲だと今まで何枚か聴いたアルバムなんかと同じ☆
とてもパワフルでガツンとくるエイコねぇさま、やっぱクセになりますねぇ^^♪


そしてアナログ関連で、レコード以外の購入品


a0112282_2246393.jpg



PICKERING 150DJ

新品とのことでいくらまで上がるのか??
2~3千円辺りまでなら・・・とか思いながら見てましたが、1300円で終わっちゃいました^^;
ま、コレが安いのかどうかはわかりませんが、送料入れても1500円ほどで新品ピカリングが手に入るのならば、安いお買い物だったのでしょうねぇ^^
とにかくコレで始めての新品針☆
そしてこれこそはリッパな「予備」というか「控え」として、いつ使用中が不能になってもすぐに復活できますねっ☆
とは言え、次こそは少しだけ奮発して、「メイン」となる針をナニか・・・とは考えております。
がっ、、、「ナニ」かが思いつきません(汗、、、
ただ、未だに杉ばあさまにお借りしたままのオルトフォンとデンオンさんがずば抜けた「メイン」ですので、一度コッチでも使ってみましょうかぁ~♪

と、いうことで次からはもうCDに帰ってしまいそうです・・・かな??(笑)
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-30 22:56 | レコードを聴く! | Comments(8)

おまけのもう一発、レコード☆

昨日は雨降りでもかなり蒸し暑くなりました。
が、、今日は風が冷たく寒さを感じましたね、、
もう5月になろうかという時期なのに、大阪でこんな寒さは異常かもですf ^^;

で、最近CDの入荷が少し減ってます。。
が、、その分レコードが・・・
とは言え何十枚も買ってるワケではないですが、、
年明け一発目の2000枚で「もう死ぬまでレコードは買う必要なし!」との思いを抱いたにもかかわらず・・・f ^^;

と、いうことで今回は同じ出品者さまから3点購入☆


a0112282_2225636.jpg



右から・・・

「Gato Barbieri/Dollar Brand  ~HAMBA KHALE」

「GATO BARBIERI   ~Live At Lincoln Center 亜爾然丁万歳」

「STEPHANE GRAPPELLI/STUFF SMITH   ~Violins No End」


1枚300円での出品でした。
ただ前日の夜にグラッペリじぃさんのLPだけ入札が入り、どうしようかと。。
ただこの出品者さま、気づいたのは1枚目にアルバムの ダラー・ブランド での検索でした。
アフリカンピアノのダラーさんですねっ☆
そしてこのオークション、終了が平日昼間の12時ごろ、、
携帯チェックもできるかどうかわからなかったので、とにかく意を決して朝、3枚ともに入札。
帰宅後チェックすると、グラッペリじぃさんが310円、ほかの2枚はそのままの300円にて終わっていただいておりました*^^*

そして届いたレコード、ジャケットもソコソコおキレイ、レコード盤はほったらかしだったのか、ホコリ?のようなものを結構かぶってるって感じでしたが、軽くフキフキでとてもキレイになりました♪
目立つキズもなさそうですし、状態はよさそう*^^*

ただ、上の2枚に共通する「Gato Barbieri」って方、ワタクシ一切存じ上げておりません、、f ^^;

なのでまずはこの方の調査からっ(笑)

「アルゼンチン出身のサキソフォニスト。映画好きにはベルトリッチ監督の「Last Tango in Paris」のサントラを手がけた人といったほうがわかりやすいでしょう。 1フレーズ聴いただけでも彼だとわかる、独特のダーティなトーンでバリバリと吹きまくり、パッション溢れる熱いプレイを聴かせてくれる、個性ありまくりのプレイヤー。10代の頃にLalo Schifrinのバンドに参加、60年代にはDon Cherryなどと共演しfreeの世界に突入。 そして70年代になる頃に自己のルーツであるラテンの要素を取り入れたナンバーを演奏するようになり、彼独自のスタイルを確立する。その後フュージョンっぽくなっていくようだが、僕が好きなのはこの70年代前半の作品。この人のプレイがハッタリかどうかなんて関係ないです。ブラックネスとは一味違うラテン発の激情プレイを是非聴いてみてください。」

なんてお書きのページを発見。
面白そう!
と思い、まずは ダラー・ブランド との競演の一番上のLPから聴いてみました。

・・・・・・・・がっ、、、

ナニざましょっ、、
これぞまさしく!・・・ナンと言えばいいのでしょう。。
「創作音楽」???
A面びっしりワケがわかりませんっ、、(汗、、、
とにかく普通に思いつく「ジャズ」ってな音楽ではないっ、、
と、ココで意気消沈。。
2枚目の「Live At Lincoln Center 亜爾然丁万歳」なんて、300円にもかかわらずに豪華2枚組み☆
と、かなりウキウキでしたがっ、、
もう聴く気が無くなってしまいました。。
コレにておしまい。。
ま、もったいないのでまた少し時間を空けて聴きなおしてみるとします。^^;

で、あれだけワクワクしていたのに、もう最後の一枚f ^^

まずはアルバム紹介・・・
「Stephane Grappelli・Stuff Smith/Violins No End(1958年録音)

GrappelliとStuff Smithの連名によるアルバムだが、名義どおりの競演はアルバム前半のスタジオ録音の4曲で、後半3曲はStuff Smithのパリでのライブ演奏。まず競演による前半だが、オスカーピーターソントリオの小気味よい演奏をバックにして、 Smithは相変わらずのピチカート多用のアグレッシブなプレイ、Grappelliはスピーディで流麗なプレイと、それぞれ相変わらず一聴してそれとわかる音で弾きまくっていて楽しい。ただこのアルバムで貴重なのは後半のSmithのライブ録音。多少音質は悪いがこの時期のライブ録音でしかもステレオというのは貴重だし、演奏自体も素晴らしい。60年代の彼のライブ音源で頻繁に収録される「How High The Moon」の一番古い録音が聴けるが、この時点ですでに「Ornithorogy」のメロディを続けて演奏している。」

と、書かれていた記事を発見☆
で、確かにグラッペリじぃさんのバイオリンはよろしいですねっ
レコード、CD共に何枚か持っておりますが、お写真で拝見するやさしそうな雰囲気と、気持ちのよいバイオリンの音色はこの方独特な感じですね^^

このレコードは、もう一人のバイオリンも競演なので、いつものじぃさんとは少し違った感じもするようでしたが、コチラはとてもグゥ~
ただ、先の「消沈」で音楽を聴く気すら萎えてしまっていたようで、気持ち良いながらも最後までは聴くことができませんでした、、

うぅ~~~ん、、
このままだと両方に申し訳が無いので、また後日、改めて聴きなおしっ、、f ^^;
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-28 22:56 | レコードを聴く! | Comments(4)

レコード続き・・・f ^^

そして今日もレコードでイッてみましょう☆

浅川マキさんに続いては、ミレイさんて方をっ
「漁歌」とのタイトル、ナゼか興味をそそられましたよっ^^
演歌歌手なのかな??
とか思いましたが、聴いてみるとそれほどコブシが回るようでもなく、歌謡曲調?とでも言うのでしょうか??
お声の感じは気持ち良いように思いましたが、演歌っぽく聴きたい!って思うと物足らないかも?
ま、普通ってな感じなのでしょうか、、f ^^

で、おまけで別クチからの一枚(笑)


a0112282_22574785.jpg



二葉百合子さん、「日本の母を歌う」
コレはあの2000枚の中からなんですが、ナゼかジャケットと「岸壁の母」が聴きたくなったのと・・・^^;
とにかくナゼそうなったのかはワカリマセン、、(汗、、、
ただこのLP、内袋なしでそのままレコードが入れられており、見た感じ結構キズが目立ちました。
「とりあえず「岸壁の母だけでも聴けたらエエかぁ~」
と思い、まずはフキフキ・・・
と思いましたが、あまりにも汚れていそうな感じだったので、先に洗面所でバシャバシャ☆
そしてフキフキ・・・
ただやはりキズは目立ちました。
がっ、、、
結構イケるモンなんですねぇ、ブチッ!と大きく鳴ることもなく再生できました^^v


a0112282_22112489.jpg



まずはこういったレコード?とても音が良い?
バックの演奏もそれほど刺激もなく、ボーカルメインな感じの音。
なので結構こういったレコードってボリューム上げられますねっ☆
近所のおばぁたちもよろこんでくれてるかな?(笑)
そしてこの方、お声が高いと言いますか、ホーンで聴くととても抜けが気持ち良いのではないでしょうか??
できればおやじspどのに思いっきり鳴らしていただきたく思いましたが?
いや、コレ、マジですよん*^^*

そしてナゼか、、最後まで聴いてましたf ^^


ま、次はいつ聴くのかわかりませんが、良い気分転換になったかもです*^^*
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-27 22:09 | レコードを聴く! | Comments(2)

本日のレコード☆

もう4月も終わりかけというのに、本日朝、神戸アタリを走っているとフロントガラスが割れそうな勢いで大きなアラレのようなミゾレ??
大きな粒がフロントガラスでバシッ!とはじけてます、、f ^^;
下を見てみると、小さなカタマリがコロコロ転がってるし・・・
ほんと異常気象ってのも困ったモンです。。



ま、そんなこんなでココのところ少しレコードも増殖中、、
とはいっても少しだけですけどf ^^;

で、まずはコレ。


a0112282_22355370.jpg



加藤登紀子4枚、長谷川きよし2枚、浅川マキ1枚、ミレイ1枚
合計8枚のセットでした。
「浅川マキ」ってのが聴いてみたくてずっと検索しておりましたが、CD、レコード共にソコソコな感じ。。
高くも無く安くも無くって感じで、ナカナカ手が出ませんでした、、f ^^;
で、、今回はソレを含めて合計8枚、コレならいいかな?と思い切って買ってみました☆
がっ、、、ほんとすんません、、「長谷川きよし」ってダレ、、(汗、、、
ちなみに「ミレイ」って方も知りませんでした。。
ただこの方は曲目を見てみると、ボクなんかでも知ってる曲ばかりをカバーされてるようです。
ま、送料入れて二千円は切ったのでよしとしましょうf ^^

で、コレまた早速届いており、仕事帰りの夜中、まずはマキさんだけは!
と、早速開封、フキフキ、試聴~

となりましたがっ、、、


a0112282_22425113.jpg



端っこに1箇所だけ、極端に反ってる・・・というか膨れてる・・・というのか・・・


a0112282_22434821.jpg



全体的にはソリはなさそう、、
ただこの一箇所だけが盛り上がってる。。
おかげさまでウチのプレイヤーではココだけは飛ぶようです、、
ま、1曲目の出だしの少しだけで済んでるので、コレもよしとしておきましょう。。^^;

そしてこのマキさん、うぅ~~ん、、まだ初体験のボクにはエエのかどうなのか、、
正直ようわかりません、、f ^^;
コレはもう少し聴き込んでみないとわかりませんねぇ。

とにかく聴くべしっ!
ってことですわっ^^
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-25 22:02 | レコードを聴く! | Comments(6)

日曜日の4344MKⅡ

さてさて、昨日は仕事が終わって夕方から会社の上司の定年での送別会に行っておりました。
そして夜中の帰宅後には、すぐにバッタンキュー(古っ、、、f ^^;

で、本日は日曜日ということでっ☆
朝目覚めてからまずは4320を聴きながらのモーニングぅ~(笑)
うぅ~~~ん、、最近ナゼか調子いい・・・ように感じる。。
後、低音がグッ!と引き締まれば言うことないんですけど。。^^;
ま、午前中にゆっくりと聴きながら、お決まりの?掃除機しゅるしゅるやらと用事を済ませ、午後から4344MKⅡを聴いてみます。
先週、高さを変えていい感触だったので、また改めて聴きなれたCDを順番に聴いてみようかと^^

まずは先日、ヤホーで100円にて落札して昨日の夕方に届いていた「普通の三奈」さんから(笑)


a0112282_18201655.jpg



先のライブCDは、当時を聴きなれたたっちんさんアタリの年代の方には、少し違和感を感じられたようですが、当時を知らないボクなんかには先に聴いたライブCDの方が聴きなれており、コチラのオリジナル?の演奏、歌声に少し違和感を感じるかもです、、f ^^;
が、、コレ、意外と??音エエかもしれません^^
演奏もナカナカレトロ?な感じ、お声も先のライブCDとは違った感じ、このCDのお声はもっとお若いときのモノかも?
ただ、伊勢佐木町ブルースの「あっ、あーっ♪」はかなり色っぽいんですね、、
歌を聴いてるはずなのに、ソコ、かなりインパクトがあったのか、一番アタマに焼きついてます(笑)

そして暖気も終わった?ところでまずは美穂たんから*^^*
ただ3枚目は盤にサインをいただいてるので、コレだけはプレイヤーに入れることはできません、、(汗、、、
ま、他に2枚あるし、どうでもエエですけどf ^^;

で、コチラ4344MKⅡで鳴らしてみると、やはり低音が強いのは皆さんと同じですが、ベースのラインもハッキリと出てきます。
4320さとかなりボワった感じで鳴るので、かなりCDの印象が変わります。
ただ、やはり4344、低い方の伸びがないのかな??
他のCDも聴いての感想ですが、そんな感じが大いにありました(笑)
が、、コチラで聴くと普段聴きなれてるのに新たな発見が、、
まさに「こんな音入ってた~」みたいなことがよくあるんですよね。。
4320の方、PC、DAC・・・まだまだ音数ってものが少ないんでしょうかねぇ・・・^^;

イメルダねぇさんや順子ちゃんもかなりOKなようでした☆
低音のボヤケるようなところも無いですし、下の方への伸び?以外は今のところ気になるところはありませんでした♪
高音が少しキツイようなきもしないでもないですが、細かいことはわかりません、、(汗、、、

なので後は一度、またぜっぷりんさんに「フラット」にしてもらうだけです(笑)


そして聴きながらもずっとじっと座ってはいられなくなって、一つ思いついたことをヤッてみました。

「MUSILAND Monitor 01 USD」 というパソコンインターフェイス、買ってから少し使って後、ほったらかしだったので、この部屋にあるデスクトップパソコンに繋いでみました♪
DACも余っている「THETA」さんを使います。


a0112282_1844857.jpg




PCモニターの横にあるグレーの小さいのが MUSILAND Monitor 01 USD 、USBから同軸デジタル出力に変換してくれます。
そしてそのデジタル出力をセータさんに入力、そしてセータさんからRCAにて松金さんに入力となっております。


a0112282_18465262.jpg



この撮影に際して、パソコンの壁紙を美穂たんに変えてみました(笑)・・・f ^^;

ただ、コレはこのままエソさんに変えてメインにするワケではありません、、
コレでパソコンで見ているyoutubeなんかでも、オデオを通してみることができるようになります。
radikoもオデオで試聴ができます☆
余ってる機材の活用ができますf ^^
と、ただそれだけなんですが、、
そしてこの MUSILAND Monitor 01 USD 、「192Hz」まで対応なのですが、受けるガワのセータさんが「44.1Hz」なのでハイサンプリングもへっちゃくれもあったモンではありません。。


a0112282_1852541.jpg



プレイヤーとしては「lilith」をダウンロード、コレで「ASIO」可能☆
設定も間違いの無いように確認。
「44.1Hz」固定にしておかないと、、^^;

で、すんなり?音出しできたので、エソさんで同じCDを鳴らして切替試聴をしてみました♪
ま、当然なんですが、すべてにおいてエソさんの楽勝??ってな感じもしますが。。
低音は軽く、かなりハイアガリ?って感じでしょうか、どっしりとした感じがありませんね、、
線が細く、高音が結構シャリってますし~・・・
ってな感じなんですが、この MUSILAND Monitor 01 USD のお値段を考えるとかなり納得のようです。
ポンと付けるだけでコレですから、少しイジってやると言い感じになるような・・・
ま、動画を見たりネットラジオをチョイ聴きするくらいには、ちょうどいいですね、ココにもこだわるとまたとんでもないことになってしまいますし(汗、、、


とまぁ、4344MKⅡは今のところ「エエ感じ」のようです*^^*
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-24 21:26 | オーディオ | Comments(2)

Here We Go Again ~Norah Jones、Wynton Marsalis、Willie Nelson

昨日は重大なご報告を忘れておりましたが、ワタクシおかげさまで「40代」に突入してしまいましたっ、、(汗、、、
ただ、皆さんからは多数のメッセージをいただくことができ、感謝感謝でございますっ♪


そして少し前、デンボでヘタる前に買っておりました、ノラちゃんの新譜?ですよんf ^^


a0112282_1855878.jpg

「Here We Go Again: Celebrating The Genius Of Ray Charles
           Norah Jones、Wynton Marsalis、Willie Nelson 」


2011年3月29日発売


01ハレルヤ アイ・ラヴ・ハー・ソー
02降っても晴れても
03アンチェイン・マイ・ハート
04クライング・タイム (Willie Nelson、Norah Jones)
05ルージング・ハンド
06ヒット・ザ・ロード・ジャック (Willie Nelson、Norah Jones)
07ムーヴィン・オン
08バステッド
09ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン (Willie Nelson、Norah Jones)
10メイキング・ウーピー
11アイ・ラヴ・ユー・ソー・マッチ・イット・ハート
12ワッツ・アイ・セイ (Willie Nelson、Norah Jones)


録音:2009.02


「アメリカを代表し、現代最高のトランペッターと言われるウィントン・マルサリス、アメリカ音楽の重鎮ウィリー・ネルソン、そしてレイ・チャールズを愛して止まない世界の歌姫ノラ・ジョーンズによる”レイ・チャールズ”に捧げる夢のライヴ・アルバムがブルーノート・レコードよりリリース。レイ・チャールズの愛の結晶の物語を凝縮した貴重なライヴ・アルバムです。

2010年11月に発売されたアルバム『ノラ・ジョーンズの自由時間』の中の大切なトラック「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」を、本作ではウィリー・ネルソンとデュエット。奥深い彼女の音楽性を味わうことが出来、ノラ・ファン必聴アルバムがまたここに誕生しました。

参加ミュージシャン:
Walter Blanding (sax), Dan Nimmer(p), Carlos Henriquez(b), Ali Jackson(ds), great Mickey Raphael(harmonica)

収録場所: 2009年2月10日 Lincoln Center’s Frederick P. Rose Hall 」


とのこと。


コチラで試聴ができますぅ^^ノ


4月11日には国内盤、ボーナストラックが付いて発売もされたようです。
いつものネットCDショップにて輸入盤を購入しました。
新譜とは気づいてませんでしたが、ノラちゃんの名前があったので思わずイッちゃいました☆
輸入盤で1200円という方が大きかったかもf ^^;

そしていつものように解説なんて読んでないですし、てっきりノラちゃんの新譜だと思ってました。。
が、、このアルバムはあくまで「ゲスト」なんですねぇ、ノラちゃんの入っていない曲もありましたし、、
とにかく出だしの1曲目で気づきました、ノラちゃんがいつまでたっても出てこないっ(笑)
が、ネルソンさんの声が渋く、思わずそのまま聴いてしまいました^^
録音もライブとはいえかなりクリア?
ウチの4320がおかしいだけかな?^^;
そしてノラちゃんの声が出てきたときにはホッとしました♪
このまま最後まで出てこなかったらどうしよう・・・とか心配になりましたけど(笑)
バックの演奏も完璧ジャズメンですし、いつものポップなノラちゃんではありませんが、そこがまたいい感じなのかもしれません。
ジャジーですが、コテコテでもなく少しおしゃれチックでエエですよん♪
そしてナニより。ネルソンさんのおかげで男性ボーカルにも少しだけ興味が出てきたかもです*^^*
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-22 22:31 | じゃずぼ~かる^^ / | Comments(8)

今日は美穂たんと4344MKⅡ(笑)

a0112282_18484748.jpg

もう皆さんご存知の「妹尾美穂 kirari」


いやはや、まさか同じCDを3枚も手にすることになるとは、夢にも思っておりませんでしたf ^^
今まで間違ってダブることはあっても、わかっていて同じCDを買うなんてことは未だかつてありませんでした。
がっ、、
美穂たんCD、ついに3枚目となってしまいましたっ、、(汗、、、
ほんまナンで???
ま、2枚は直筆?サイン付きですけど、おかげさまで一度もお会いしたことはありません。。(涙。。。
こんなボクはいったいナンなんでしょう^^;
ただ、これほどまでにこのCDと縁があったのかと思う今日この頃。
CDにではなく、ひょっとしたら美穂たんと「縁」があったのか?とかも考える今日この頃。
もしかしたらボク、美穂たんと結婚するん?とかも思う今日この頃(笑)

今回はボーニンさんが、美穂たんと直接お話されて、CD一枚アタリ500円を募金するということ。
この話を聞いてすぐにノッちゃいましたっ☆
こういうのは勢いでイッてしまうボク、ま、これで美穂たんのサインが2階、3階両方に飾れるということで(笑)



で、本題に入ります(笑)

さて、おやじspどのに高さでの変化を実感させられて以来、ずっと気になっていた 4344MKⅡ ☆

ただコチラはワケあって、この高さ、この位置がある意味ベストだったので、どうにも手がつけられませんでした。。
ただ新たに「4320壁に近づける作戦」でいい感触を掴んでしまったために、4344MKⅡでもどうにかしたいと考える日々が続いておりました。
このワケである右スピーカー側のコンセント、コレをどうにかしないと前後上下どこへも移動させられません。。
そこで色々と考えて、コンセントを取っ払ってケーブルは圧着端子で延長、またはコンセントの代わりにブレーカーかナニかを埋め込んで配線を接続・・・
とか考えました。
で、体調も少し落ち着いてきた先日の休日に、思い切って行動にでました(笑)
で、、コンセントを外すつもりで眺めていると、一つ閃いてしまいました*^^*

スピーカーを後ろの壁ギリギリまで下げるとコンセントをかわせるのではないか??

そうなると、今まで考えてきた「案」も、すべて破棄してしまい、とても手っ取り早く事が済む!
まずはスケールで計ってみると、やはりギリギリかわすことができそう☆
となるともう、早速ヤッてみるしかない!

で、ドタバタすること1時間ほどで左右終了^^v


a0112282_2223522.jpg



うぅ~~~ん、、解りづらいですかね、、f ^^;


a0112282_22233799.jpg



今までは、ラックの出っ張りよりも少し飛び出ておりましたので、距離にして10数センチってくらいですが、、
コレでもこの狭い部屋としては、劇的な数字ではないでしょうか、、f ^^


a0112282_22261618.jpg



ほんとギリギリでしたが、無事にコンセントをクリアできました♪

コレでコンセント周りをゴチャゴチャイジくり回すことなく、平和に解決できましたよ^^♪

そして次は高さですが・・・
後ろまでもが壁ギリギリになってしまいましたので、インシュレータをかますのにも一苦労・・・
乗り越えてもスピーカーの後ろへ入り込むことができません、、
なのでやはり必要なのはジャッキ。
ということで、ジャッキが使えるギリギリの高さにまで一度落としてみることにしました。


a0112282_2231774.jpg



くまさんインシュ(大)にラスクインシュレータでギリギリジャッキが入りますf ^^;

そしてついでに、3点支持にしてみました☆


a0112282_22321360.jpg



前2、後ろ1です。
後ろの左右は万が一傾いたときの保険として、一応セットしておきました、、^^;
スピーカーには当たらずに、少しだけ浮いております。

これでいよいよどうなるかっ!!
まずは以前にぜっぷりんさんがイジってくれておりました、アッテネータとトンコンは一度すべてフラットに・・・
大きく?位置が変わりましたので、同じままではいかないだろう・・・
と思い、最初は全てがフラットから聴いてみるのがいいのかと。。
そして最後はまたぜっぷりんさんに調整してもらえればいいのかと・・・f ^^

で、いよいよ緊張の音だし。

がっ、、、
低音はバッチリですねっ☆
まずはどこもイジらなくても、普通に鳴ってる?ように思います。
ボワつくところもなく、反応もいいようです。
ただ少しだけ、下の方への伸びと厚みが無くなってるようにも感じました。
が、、先に聴いていたのはトンコンで少しイジっていた音、、
素のままでコレなら、やはりよくなったんでしょうね^^
高音は、少しキンキンしてるようです。
キツく感じるところがあります。
が、まずは突き刺さる高音よりも低音の方が気になります(笑)
スピーカーの前に特性座布団を試しに置いてみると、グッとよくなった・・・ような気がしました^^;
ただ、とりあえずこのままで聴いてみて、時間が経ってからナニを感じるかで今後は考えましょう。。

とにかくコレも大成功?
いつものCDを一通り聴いてみて、後は少し流し聴き・・・
聴きながらMR-411、気になっていたクスミ取りをしてみました^^
じっと座っては聴いていられないようです、、f ^^;


a0112282_22443270.jpg



アームや本体を、コンパウンド、アーマオールで艶出し、ダストカバーはお決まりの?バイザークリアで軽く磨いてみました☆
ただ、ターンテーブルまでは・・・時間切れ、、
コレはまた後日・・・f ^^;
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-21 18:58 | オーディオ | Comments(2)

4320で遊んでます(笑)

さてさて、先週の不調の時なのに、まだまだ思いは尽きません、、f ^^;
仕事をしてるとしんどさでダルくなり、作業をこなすにもすごく時間が長く感じてしまいます。
で、カラダは惰性で作業を続けながら、アタマでは気晴らしにオデオのことを考えておりました(笑)
そんなおかげでやりたいことは色々と^^;

で、やはり気になるのは元のスピーカーのセッティングぅ。。
が、、どうしていいのかまでは考えられなかったので(笑)
まずは角度を変えてみました☆


a0112282_18464017.jpg



以前はくまさんインシュ(小)でしたが、こちらはダイアトーンのブロック、高さもフロントに使っているくまさんインシュ(大)と1cmほどしか変わりませんので、角度としてはかなり緩やかになります。


a0112282_18484659.jpg



ただ、コノ角度で座る位置だとちょうど真っ直ぐになるのか、音がダイレクトに届いてるような気がします。
なのでコレ、このままでイッてみましょう♪
そして次はコレ・・・


a0112282_18501095.jpg



フォックシート☆
やっと使ってみましたf ^^;
上に置いてみたり、スピーカーの下、ボードの真ん中に置いてみたり、上でも前、後ろと試してみましたが、とにかく一番最初に上に置いた状態がよさそう?
ま、さすがに細かく聴いてみる気力はありませんでした^^;

そして次はココ・・・


a0112282_18542485.jpg



以前はビクターさん同士でハイローでしたが、ラックスさんに変えてから、特に低音のボヤケが気になりだしました。
このアタリは特性?相性??なんかな???
で、一度ローのビクターさんをJBLに変えてみました。
で、コレまたかなりスッキリ☆
ただ、ビクターさんに比べると、厚みなんかは減少?したように感じますが、スッキリ感は気持ちいい~
ので、ココも当分コレで聴いてみようかと。。


a0112282_18581431.jpg



そして最後はコレ。。

アンプの交換までイッて、少しは落ち着ける?とか思ったのは束の間(笑)
疲れもピークにきて、アタマで考え付くことは「どうにでもヤッてまえ!」的なノリに・・・f ^^;
左右のスピーカー、それぞれギリギリまで隅へ押し込んでみました^^
そして吸音のボードと布団?の位置も色々と試してみて・・・
右は背面と右側が壁そのまま。
コチラは寄せることでかなり低音がハッキリと鳴るようになったのが、ハッキリと実感できました。
ただ大きなレコードラックのある左スピーカー、コチラは左側は壁になりますが、背面はレコードラック。
それでかどうか、右に比べてかなり低音はダメって感じですねぇ。。
シャキッとしませんねぇ、それに高音にも影響を与えてる?クリア感?のようなモノが右よりは完全に劣っているようです。。
それに完全に、レコードラックの下半分が取り出せません^^;
ただ、試聴位置で聴いてみると、先よりはかなり音に変化は感じられます。
スピード感でしょうか、音がかなりスッキリとしました。
高音がとてもイキイキとしたようです☆
今まで感じていた低音のモサリ?もかなり薄くなってるようです。
別々に聴いてみると色々とありますがっ、、(笑)
同時に鳴らすと「コレでいいやん」ってな感じf ^^;
が、、、先のレコードラックのおかげで左右のスピーカー、比べてみると右の方が左よりも20~25cmほど後ろになってます。
それでかどうか、かなり音に違和感?を感じます。。
ナンかがおかしい・・・f ^^;
少しづつ右のスピーカーを、音を聴きながら壁から離していきました。
気持ちよさを感じられるギリギリ・・・かどうかはわかりませんが、、
とにかく「ん??」と感じないところまで壁から離してみて、今のところ右のスピーカーはだいたい5cmくらい後ろになっております。
コレで先ほどまでの違和感は感じなくはなりましたが。。

ま、とにかくコレでかなり変化を感じれることになりました。
この状態でまた、少し様子をみてみましょう♪

・・・・・と、先週はココまででしたが、現在チョコチョコと前後、左右と動かしてみて、、ココ!ってところが掴めません。。^^;
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-20 21:55 | オーディオ | Comments(2)

ナンやかんやとヤッております ^^v

ご心配いただきありがとうございました、、m(_ _)m
一応今のところ、少し落ち着いておるようです。。

で、死にそうなほどフラフラで、音楽を聴く気にもなれなかったのに、あぁ~それなのに(笑)
アナログの音が快調なのに刺激されて、またまた火が点いちゃいました^^

やはりパソコンの音がおかしいようです。
CDだとマランツさんからDAコンバータに入力してると、さほど気にはならないようなので、DAC以前・・・というとパソコンになるんですよねぇ。。
で、とにかくもっさい。
ジジイさんところのハーベス嬢のような「いい意味」でのもっさいではなく、悪い意味でのもっさい(笑)
ま、もっさいの意味がわかりませんが^^;
普通に感じるのは、とにかく音が篭るようです。
そして低音がかなりボヤけます。
パソコンでもドライブでCD鳴らすとそれほどでもないようなので、とにかくHDDからの再生が一番おかしい!と、結論付けました^^v

がっ、、
ナニをしていいのかサッパリ。。(涙。。。

電源を強化?したりしてみたいんですけど、その辺はサッパリワカランですので一切考えないことにしますf ^^;
となるとまずは付属USBケーブルの交換を考えます。
が、、最近では色々と種類も出てるようですが、まずは変化が出るのかどうかを確かめてみよう~

と、言うことで、付属のほっそいケーブルから、少し太めのモノに・・・


a0112282_18272660.jpg



とは言っても、このグレーのUSBケーブルも機械の付属品なんですけどね、、f ^^;
ONKYOさんのインターフェイスに付属してきたケーブルなんですが、端子が金メッキなのと太さがあるのと、他とは違い色がグレーなのと・・・^^;
がっ、、
コレがナンとどえらいことをっ、、(汗、、、
篭ったような感じがかなり少なくなって、音がスッきりしてしまいました、、
で、コレでうれしくなって??


a0112282_18313228.jpg



合板の台にそのまま置いていたんですが、とりあえずブロックで浮かせてみました。
それと余っていたアルミの大きいインシュレータ??を、重し代わりに乗せてみました。

コレもグゥ~のようです、少しまた変化を感じました。

そしてパソコン本体へも、余っていたアルミのインシュで3点支持してみました☆
その前にインシュを入れる際、役に立たないバッテリーを外していたのですが、下にゴボッと穴になっており、インシュレータを当てるところが無いのでもう一度バッテリーを付けてみました。
ところが、、
バッテリーが付いたからか、バッテリーで重量増になったからか?
はたまたインシュが効いたのか、、
もっさい感がかなり吹き飛んだようですぅ~^^ /

試しに同じCDを、マランツさんとパソコンHDDで鳴らしてみましたが、パソコンの方が音がハッキリとしてきたように感じました☆
が、、
ナゼかはわかりませんが、まだやはり、マランツさんのほうが上?って感じがするのでした・・・^^;

どのアタリがそうなのかは、今のところわかりません。。f ^^;
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-18 22:48 | オーディオ | Comments(4)

ごぶさたしておりますぅ~^^ノ

丸一週間のご無沙汰ですぅ・・・f ^^;
先々週アタリから、微熱と軽い頭痛が続いておりました。
そして先週の休日までは、そんな感じで少しダルさが感じる程度でどうにか普通に動いておりました。
ただ、、週が開けての月曜日の明け方くらいから、思いっきり熱が出てきて寒気でブルっと、、
頭痛も威力を増してきました(汗、、、

で、原因は??

と言うといつもの通りの「オケツのデンボ」でしたっ、、(滝汗、、、^^;
小さいのはチョコチョコ居てはりましたが、ひっさしぶりに活動的なデンボのお目見えとなり、、
ただ、流れで起きて仕事して帰って寝る。。が精一杯な状態になってしまいました。。(涙。。。
それで最近知り合いに教えていただいた、「ロキソニン」と言うクスリ、いつもデンボで病院に行くと貰っていた抗生剤ですが、コレが薬局でも買えるようになったとのこと・・・
おかげでクスリで少し抑えながら仕事ができきましたが、夕方にはやはり死にそうな・・・f ^^;
早くつぶれてくれー!
と願いながら寝ていたある時、無意識に爪でブスッ!とイッたのでしょう、夢の中で「ブチッ!」の音と共に目が覚めると、ぱんちゅと左手が血だらけでした(笑)
後は出るだけ搾り出し、消毒と抗生剤を飲み、早く引いてくれるのを待つばかりですぅ。。
そして今週末、やっと熱も頭痛もだいぶ収まり少しラクになってきました。
と、いうワケで。とてもキチャナイお話でした^^ /


さて、続きます(笑)


と、コレは一応先週には書いておりましたが、公開することすらする気になれませんでした、、^^;

MR-211とMR-411の違いですが、パソコンでの画像で見てるとほとんど違いはなさそうでした。
が、、細かなところでチョコチョコと違いがあるようでした。
アームも違っていましたね、写真で見てると同じように感じてましたけど、ウラから見てみると取り付けの根元が大きいことに気づきました。
で、アームを見比べてみるとカタチも違ってることに気が付きましたf ^^;

それと本体の大きさですが、並べてみるとMR-411の方が一回り大きかった、、
ココもまったく知りませんでしたし、、^^;


a0112282_22141471.jpg



そして付属品☆


a0112282_22152060.jpg



アダプターと「50Hz用プーリー」、針先ブラシ??

それとコレ用?アーム横に小物入れがありました^^


a0112282_22163213.jpg



それと本体に貼られてるシール


a0112282_22175860.jpg



4チャンネル?
例の?4チャンネルレコードに対応していたのでしょうか?
どういうふうなところが対応なんでしょうか?
イマドキ世代のボクにはわかりません^^;

ま、とにかくココまできたのでMR-211と入れ替えて設置☆
音だしにピカリングを付け替えました♪

が、、アームの高さを調整しようとネジを緩めたのですが・・・
まったく動かないっ、、(汗、、、
と、、少し焦りましたがっ、、
よぉーく見てみると、裏側にももう一本ネジが、、


a0112282_22211680.jpg



MR-211は1本だったので、裏側にもう一本あるとは思いませんでした、、
ま、とにかくピカリングも無事に?セットできましたので、そのままレコード祭りの開催です*^^*


a0112282_22224824.jpg



まずはナニから・・・
と、考えることもなく、とにかく真知子さんから聴いてみました♪
がっ、、、ナゼか以前に聴いたときよりもかなり明るい、、
気のせいかと思い、そのまま前回同様のアルバム、杏里とかも聴いてみましたが、やはり明るい印象が・・・
それと音にメリハリが出てるような。。
で、まずはNOBオヤジさんからお借りしているマスターサウンドセットの中から数枚アップして聴いてみました。


a0112282_22263925.jpg



和太鼓、SL、ピアノ、バーブラ・ストライサンド・・・どれもがいい感じ、ただやはり少はモワりも残ってるようですがっ、、
で、普通レコード?桃色吐息なんかを聴いてみると、気持ちよく抜けてくれます^^
ただ、声がかなり若く感じたのは、彼女がお若いときだからなんでしょう・・・
ボク世代が最近聴いた声は、音なのしっとりとした声なんですが、別人?のような若い声^^
エイコねぇさんも、とても気持ちよく歌ってくれてるようです☆
そしてそうなると、ジャズも!
ということで「the trio」から聴いてみましたが、やはりメリハリがあってとても気持ちいい*^^*
ディス・イズ・ホンダもエエ感じですねぇ~♪

MR-211はとてもナローな感じということなんでしょうか?
それとも各部のヘタリかな・・・??
とにかく同じような感じの見た目とは裏腹に、音の方は確実に変わったようです。

コノ後、ひょっとしたらアナログでなくて、システムでナニかが変わり始めてるぅ??
とか思ってCDも聴いてみましたが、、、
やはり気のせいでしたf ^^;

で、このおかげで、体調最悪ながらもどうにも止まらなくなってしまいました(汗、、、
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2011-04-17 18:56 | オーディオ | Comments(6)