人気ブログランキング |

ナンなとあるモンです、、f ^^

いやぁ~、、、
ホント、長かったような短いような、、、
一応ひと段落しそうなので、覚書な感じで書かせていただこうかなと^^

夏ごろから少しずつ不調は感じていたが、今年の夏は暑いから、、、
もうソコソコムリのきかん歳になってきたからとか、、、
ホンマ、そんな感じでどうにか過ごしてきたが。。。

ご近所さんには会う人会う人みなに
「痩せすぎやで、、、」
って言われだすし。
9月ごろ、足の甲が少し浮腫んでるような気がするも、ヨメに見てもらっても
「アンタ元々ほっそいからかわらんわ(笑)」
ただ、一週間もするとどう見ても甲が浮腫んでるのがわかるように。
次の週にはふくらはぎ。
次の週には太もも。
もうこの時点で靴はムリなくらい、、^^;
そして次は足首の関節が痛くなってきた。
次はヒザ。
そうこうしてるウチにムクミと関節痛が日に日にヒドくなってくるしで、、、
結局昨年10月アタマにどうにもいかんようになって。
歩くのもままならんくらいになって、しまいには部屋で床に座った状態から立てんようになって、、、
いよいよ腹くくって(笑)
病院へ行こうかなと。

症状としてはムクミと関節痛、体重の減少くらいで特に血ぃはいたり極度の痛みがあるわけでもないので、リウマチとか?
ナンなと考えながらもとにかく近所の診療所へ。
週明けに仕事休んで大きな病院行くつもりだったが、たまたま台風で仕事が午前中空いたので、仕事前に。
で、センセと話ししてると血液検査。
とにかく明日、結果聞きにきてくださいということで^^
ほいで翌日は土曜日、仕事が休みだったので。
ただ朝の7時に診療所のおっちゃんから着信
「とにかく朝一で来てください」と。
ま、朝一番は年寄りでごったがえしてるから、時間をずらして(笑)
10時ごろに行ったけど、年寄りと子供でごったがえし(笑)、、、^^;
それとさすがにヨメもヤバいと感じていたのか、診療所まで付いてきて、、、
待ってる間に姉が薬もらいにきて、会うてもうてバレてまうし^^;
そんなこんなで呼ばれて入ると、今までみたこともない真剣な表情でセンセが座ってる、、
詳しい内容の話は理解不能で(笑)、、、
ま、とにかく血液の状態からしてサイアクな状態になる前に、紹介状書くから大きな病院で徹底的に検査してこい!
ってなことで、、、
この時点では診療所のセンセは胃とか大腸とかと思ってたらしく、
「上からも下からもカメラ入れられるで」
ってなことを言っていたが、、、

大阪急性期・総合医療センターってところへ
昔の大阪府立病院というところ、若いころに腎臓の検査で来たことのある病院。
心配かして、ヨメは仕事休み取ってついてきてくれて、、、
まずは診療所の紹介状持って総合内科ってところへ。
血液検査やら問診やら、レントゲンやら。
結果見ながら話しして、また血液検査、、
ま、自分では少し感じていたが胸に軽い疼きのようなのがあったので、それも伝える。
そして胸のレントゲン、、、

案の定と言うてエエのかどうか、、
上半身のレントゲンのココ、大きな影がありますねっ
とにかくCTの予約取りますので、後日CT撮ってきてください。

「ただまぁ、影ってもコレだけ大きく写ると腫瘍でしょうね。
そしてこの大きさからいって 「「ガン」」ですねっ」

おぉ、、、
テレビとかで
「ちょっと家族の方とお話しいいですか?」
とかないんかい(笑)、、、
これが今流なのか???^^;
そんなあっさり告知するん??ってヨメ、ブチ切れそうでした(笑)、、、^^;
「ま、とりあえずはCT見てからですね、今日のところはいいですよっ」
って、、、
「センセ、、浮腫んで関節痛くて歩けんのやけど、、、」
「あ、痛み止め、抗生剤出しておきますから飲んでみてください。」

で、一応関節痛もあるのでリウマチ科ってとこも受診して。
「炎症反応は出てますけど、一般的なリウマチって感じの血液の異常は薄いかな、、、」

ま、そんなこんなで次の週にCT撮って診察
「画像診断科のセンセに診てもらわないとくわしくはわかりませんが、とにかく次はMRI予約取りますから、後日行ってください。」
「でもやはりこの大きさからしてガンとしか言いようないですかねっ」
ココでもまたしてガン宣告っ(笑)、、、^^;
というか?
一つ進むのに一週間。
そないにのんびりしててエエのんか???^^;

で、翌週にMRI撮って、画像診断科のセンセのご意見に従って
「ガンと見て間違いなさそう」
とのことで、「呼吸器内科」へ移動
ソッチでも一通り検査、問診も終わり
「幅で6㎝あります、この大きさだとガンとしか言えないですねぇ、それにココまで大きいということは初期ではありません。」
ホンマ、、、結果出る前から何回「ガン」って言いよるねん(笑)、、、^^;
「直接細胞取って検査する「生検」っていうのをやりますから、一泊入院してくださいネ」

ってなことででまぁ、次は生検の予約
一泊入院で口から管入れて、細胞取って検査するとのこと。
そこでもまぁ、まだ前の人の検査やってるのに
「喉の麻酔から初めておきましょうか」
って言われて、別室でパイプくわえてノドの麻酔
麻酔はバッチリ効いてきたのに
「まだ前の人が終わらないから待合室で待っててください。」
って、、、
ノドがマヒして
咳もツバ飲み込むこともできないまま放置、、、
コレはさすがにブチ切れた><、、、
こんなモンされて待っとけって待ってられるかっ
と、口からヨダレたらしながら(笑)

ま、そんなこんなでやってる最中は全身麻酔で眠ってたので、気が付けば終わってました(笑)
ただ管を抜くときか?
一瞬目が覚めてハゲシク抵抗してるというか、暴れてる記憶があった(笑)

そんなこんなで次の週の診察にてようやく結論

「肺癌です。」

もうわかっとる(笑)

ただ、「右側の肺の上、大きくアバラにくっついてるのでこのままでは手術できません」
とのこと、、、
「まずは抗がん剤と40グレン?の放射線で小さくできるかやってみましょう」
とのこと。

ココまで結果が出るかで1か月
ガンってこないにゆっくりしててエエのんか?
と、思いながらもまぁ、そないに焦ってもしゃーないってな状態なんかなと^^

ようやく11月の半ばから入院して、抗がん剤と放射線の治療が始まりました^^




a0112282_14372404.jpg


続く^^


by ta-mo-ta-mo | 2019-02-04 17:22 | ひとりごと | Comments(2)

Commented by 元新潟のU at 2019-02-04 19:43 x
「肺癌です。」かぁ\(@_@;)/

とにかく生還できてよかったです。
Commented by ta-mo-ta-mo at 2019-02-04 21:42
元新潟のUさん、おこんばんは^^

ありがとうございます^^ /

とにかく生きて帰ってこれました(笑)