BILL EVANS ~you're gonna hear from me~

a0112282_22504936.jpg

「BILL EVANS
   you're gonna hear from me」

BILL EVANS (piano)
EDDIE GOMEZ (bass)
MARTY MORELL (drums)

Denmark ; November 24,1969

a0112282_2251189.jpg


このCDはライブアルバムですが、別のビル・エヴァンスのアルバム「JAZZHOUSE」と同じ日のライブとのことです。
ライブアルバムですので、最高の音質とまではいかないかもしれませんが、私的レベルでは満足です。
演奏がとてもお気に入りですので、このCDはエヴァンスCDの中でも結構、私の中ではコンセクレイションに次ぐ上位ランキングです~

早足的エヴァンスピアノが好きな方にはお勧めできると思います。
3曲目の「WALTZ FOR DEBBY」なんかは「早足エヴァンスサイコー!!」って叫びたくなりますよ!
スコット・ラファロの時の「ワルツ・フォー・デビー」が大好きな方には、ちょっと受け入れられないかもですけど。。。
それと、この頃のエディ・ゴメスの曲ごとの長~~~~~いソロを快く受け入れられる方で無いと、「毎回毎回なっがいねん!」ってなってしまうと思います。。。
それでも、ゴメスの長いソロの後から絡んでくるエヴァンスのピアノは感動モノですよ!!
1番のお勧めはやはり「SOMEDAY MY PRINCE WILL COME」と言いたいところですが、正直に言いますと「WALTZ FOR DEBBY」です。
他では聴けない 早足なデビー はぜひ聴いていただきたいと思います。

また、ジャケットのオールバック?のエヴァンスは非常にかっこよいです。
このジャケットの頃のエヴァンスが一番かっこいいですね。
ヒゲもじゃのエヴァンスは、なんとなくやさしいおじいちゃんな感じがしてしまいます・・・
[PR]

by ta-mo-ta-mo | 2009-03-09 22:52 | じゃずぴあの^^ / | Comments(2)

Commented by umekichi at 2009-03-09 23:29 x
今回のEVANSのライブ、ものも良さそうですね。
これもポッチット候補に入れておきます。
あ~それにしても今月は軍資金が足りね~!!

さて今回のご紹介CDは女性ボーカルものを2枚ばかり。
①Roberta Gambarini  「Easy to Love」
  JAZZボーカルものです。音質、楽曲、演奏どれもすばらしい出来です。彼女は大変歌唱力があり、訴求力がはんぱないです!

②JANE MONHEIT  「Taking a Chance on Love」
  Jazzボーカルものです。
  これまた①に勝るとも劣らないほどCDです。
  演奏、楽曲、音質いいですね。
  ①に比べると若干スマートな印象ですが歌うまいです。

いづれも国内盤、輸入盤ありますが、輸入盤をお勧めします。
Amazon,HMVどちらにも新品あります。
たまにヤフオクのも出品されているようです。
Commented by ta-mo-ta-mo at 2009-03-09 23:40
>あ~それにしても今月は軍資金が足りね~!!
umekichi さん、おもろいです(笑)

①の方は確か去年位に ハンク・ジョーンズ とのアルバムで結構宣伝されていた方だったですかね??
去年、日本にも来てました??
確か、名前は聞いたことがある方だと思います。
これを機会にいってしまいます!
そうそう、昨日からデイブ・ブルーベックがプチ・マイブームです。
オクで安いのは何枚か入札してしまいました、、、
②の方、若干スマートとのことでこちらの方が何か気になってしまってます。
やはり輸入盤がお勧めですね。
ありがとうございます。