人気ブログランキング |

2010年 02月 21日 ( 1 )

micro で ortofon ♪

今日もいいお天気ですっ☆
風は少しちべたいですが、それほど寒く感じることもなく過ごしやすい一日でしたっ♪

そして日が少しづつ長くなってきてますねぇ。
この時間でもまだ少し明るいですねぇ^^

そんな感じのお昼下がり、、

今日は MICRO DD-8 に ortofon SL-15Ⅱ をセットしてみましたっ^^♪

a0112282_1727429.jpg


またまた高さ調整、ゼロバランス、針圧・・・一通り済ませて・・・・・

・・・あっ、、
前回は MM の ortofon 320 だったんで、昇圧トランスつけないと・・・
またまたやってしまうところでしたぁ。。^^;

そしてまずは試しに?

a0112282_17295218.jpg


「BILL EVANS TRIO  ~PORTRAIT IN JAZZ」

からイッてみましたっ♪

参考までに・・・


1 Come Rain or Come Shine
2 Autumn Leaves (take 1)
3 Autumn Leaves (take 2, Monaural version)
4 Witchcraft
5 When I Fall in Love
6 Peri's Scope
7 What is This Thing Called Love
8 Spring Is here
9 Someday My Prince will Come
10 Blue in Green (take 3)

Bill Evans p
Scott LaFaro b
Paul Motian ds
Recorded December 28, 1959

スコット・ラファロ ポール・モチアン でのトリオの有名なアルバムですねっ☆
「Autumn Leaves」がステレオ、モノラルと2テイク収録されているのでも有名?なようですねっ。

ただ、、ワタクシ今まであまりCDでは聴いてませんでした。。^^;
演奏は良いですし、とても好きなのですが・・・
CDだとガンガンくる?晩年の演奏を好んでいるので、こちらのような古めのほうは少し遠ざかってました。

今回のオルトフォンではかなりいい感じに鳴ってすれますねっ♪
先のDENONのほうとは違い、かなりしっくり?とくるようです。
ただこの年代?あたりのアルバムを聴くのには、雰囲気がよく出るように感じました。
そして音楽がとてもおしゃれに聴こえますねっ☆
雰囲気を味わいながら、おしゃれに聴かせてくれますねっ
あぁ~、ちょっと古めのジャズ聴いてるなぁ~って感じですわぁ。。
相変わらずわかりにくい表現ですんませんです。。f ^^;

ま、気を取り直してっ(笑)

a0112282_17541929.jpg


「Bill Evans  ~California Here I Come」

1967年8月17-18日、ニューヨーク ビレッジバンガートでのライブ録音です。
LP2枚組みですよっ☆

Bill Evans (piano)
Eddie Gomez (Bass)
Philly Joe Jones (Drums)

1.California, Here I Come
2.Polka Dots and Moonbeams
3.Turn Out the Stars
4.Stella by Starlight
5.You're Gonna Hear from Me
6.In a Sentimental Mood
7.G Waltz
8.On Green Dolphin Street
9.Gone With the Wind
10.If You Could See Me Now
11.Alfie
12.Very Early
13.'Round Midnight
14.Emily
15.Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)

フィリー・ジョー・ジョーンズ の参加ですね。
このジャケットが好きで、レコードでも入手したものです。
先にCDで聴いていたので演奏の方はグゥ~だったんですが、ジャケットを思うとやはりレコードがほしくなってしまいますよね^^♪
とても良い、お部屋のインテリアになるでしょう(笑)

LP2枚で全曲15曲です。
CDでも同名、同じジャケットで出ていますが、この2日間のライブの全てを1日ごとに2枚組みのCDでも出ております。
ですので合計4枚のCDを・・・となると結構キツイかも(笑)
このアルバムだと、CDでは一枚に収まってますのでいいとこ取りでこちらの方がいいかもですね^^;

こちらもとてもいい感じです♪

静かなところから、すぅ~っと音楽が出てくるようです。
ただココで一つ思いましたが、先ほどの「PORTRAIT IN JAZZ」なんかは
LUX ortofon AR で聴いたほうが雰囲気はいいんですよね。。
ただそこは 4343 で聴くときには、迫力もプラスされて・・・
うぅ~~~ん、、、、、
少し聴き続けてみないとわからないですわぁ~・・・^^;

話が飛んでしまいましたが、「California Here I Come」 だと フィリー・ジョーのドラムを DENON で聴いたほうが面白いかなぁ~
バシバシとくる時なんかは楽しい^^♪

うぅ~~~ん、、、2つのカートリッジでコレだけ悩んでしまいますぅ。。
DL-103 ってのも聴いてみたくなりましたわっ(笑)

by ta-mo-ta-mo | 2010-02-21 18:29 | レコードを聴く! | Comments(16)