人気ブログランキング |

2011年 06月 21日 ( 1 )

アナログぅ~ですぅ^^ノ

さて、いよいよ期待の?「D-301Ⅱ」を聴いてみました☆

まずは元祖?301を少し聴きなおしてみてから、おっちらと入れ替えました^^
ただ、週末にやればいいのにちょっと気が急いてしまってこんな時にヤッちゃいました、、
なのでボリュームもあげられず、LP数枚聴いただけなんですが。。^^;


a0112282_22154844.jpg



で、まずは・・・
おぉ、元祖?から進化したと言うのでしょうか、301をグッと落ち着かせたような感じですねぇ~
落ち着かせたとは、眠たい音に・・・ということではなく、301は結構ハデ?な印象だったので、粗さがなくなったとでも言うのでしょうか?
ただウチの元祖301、針折れをナンとか製法にて修復した物、ソレが音に影響しているのかどうかはわかりません。。


a0112282_2219644.jpg



画像に写っている本田さん「Salaam Salaam」、コレ最近のマイブームです*^^*
とにかく出だしから怒ってんのか?ってくらいピアノもドラムもベースもブルンブルンイッちゃってます♪
301だと荒さというのかキツサというのか?
そういったのがコレまた刺激になって、コレでボリュームを上げるととにかくオモロイ(笑)
「Ⅱ」になるとキツサ?が無くなり、演奏そのものの激しさを感じるというような感じ・・・??
独特な色づけ、特徴というのはあまり無さそうです。
103のようなピシっと感もあまりしませんね^^
すべてが程よい感じなのでしょうか、それでもジャズは重くなるような感じではなくどちらかというと軽快?
うぅ~~ん、それほど特に軽快って感じもないのか・・・??f ^^;


で、ちょこっとカンニング(笑)
先日仙人さまがこの「301Ⅱ」のレポートを書かれていたので、ちょこっと拝借f ^^
「DL-301Ⅱの最大の利点は、クラシックやジャズ、ロック、ポピュラーなど、さまざまなジャンルの音楽を過不足なく聴かせることができる懐の深さだ。どのような音楽でも相当ハイレベルな再生を可能としており、その繊細で緻密な音像、広々と展開される音場再現性は巷のハイエンドカートリッジに一歩も引けをとらない能力を秘めている。小生のように、オールジャンル、人種も時代もボーダレスに音楽を聴く人間にとっては、非常に重宝するカートリッジなのだ。」


まとめてみると、「ナンでもイケるカートリッジ」ってことのようですね^^

まだほんと、ちょこっと聴いただけですので一瞬の感想です。
それもジャズ、ピアノトリオだけなので「おぉー!コレコレ!!」というようなカンゲキはありません、、f ^^;
なのでこよ「Ⅱ」のよさを理解するために、次は歌謡曲イッてみましょう~
ただ・・・クラシックは・・・考えておきます。。f ^^;

by ta-mo-ta-mo | 2011-06-21 22:13 | オーディオ | Comments(4)